僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【福岡県在住】「学び」「本」「旅」「彼女とのやり取り」。問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

【PS4ヴァルハラ評価】下戸でも楽しめる名作だった(ネタバレ注意)

f:id:momotoyuin:20200124154930p:plain

PC・PS4・Vita・Switchで発売中の『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』をクリアした感想・評価になります。

 

 

f:id:momotoyuin:20200124125821j:plain

 

VA-11 Hall-A ヴァルハラとは

207x年、バー『VA-11 Hall-A』へようこそ。一日を変え、一生を変えるカクテルを!
国内外で20万本以上のダウンロードを記録し高い評価を得た、ベネズエラの2人組Sukeban Gamesが作り上げた「サイバーパンクバーテンダーアドベンチャー」ゲーム。

「存在すべきでない街」、207x年のグリッチシティの一角にあるバー、『VA-11 Hall-A』。あなたは主人公のバーテンダー、ジルとなり訪れた客にカクテルを作って提供します。客のオーダー通りに作ることも、全く違うカクテルを出すことも可能。提供したカクテルによって物語が変化するサイバーパンクアドベンチャーゲームです。

PC版で高く評価された音楽、個性豊かなキャラクターの作りこまれたグラフィック、美しい日本語訳で展開される秀逸なストーリー、「バーテンダーがカクテルを提供することで展開する物語」というオリジナリティ溢れるゲーム性が一体となった、インディーゲームならではのほかに類を見ない秀逸な作品です。

プレイヤー:1人

ジャンル:テキストアドベンチャー

レーティング:Ages 17 and up (17才以上対象)
 

publishing.playism.jp

 

評価・感想まとめ

ゲーム自体は非常に簡単

f:id:momotoyuin:20200128010009j:plain

プレーヤーが操作するのは、バーテンダーのジル。バーで客の相手をしながらカクテルを提供します。

 

f:id:momotoyuin:20200124153218j:plain

一日を終えると、オーナーから報酬が振り込まれます。

 

f:id:momotoyuin:20200128005950j:plain

自宅に帰って、ニュースを見たり、壁紙を変えたり、買い物をしたり、、、基本はこれだけ。バーに出勤→客の相手をしてカクテル提供→帰宅→バーに出勤……の繰り返しです。一応、電気代や家賃を一定期間までに稼がなければゲームオーバーになるので、制約はそれくらいでしょうか。

 

実はこのゲームをプレイする前……つまり、買うかどうか悩んでいた段階の話です。トレーラー動画や実況プレイなど見ても、全く面白いと思わなかったんですよね。そもそも僕自身は下戸でバーに興味はなく、酒の味の想像もできません。

それでも、めちゃくちゃ面白かった作品でした。

その理由を書いていきます。

 

キャラが個性的!!

f:id:momotoyuin:20200128153143j:plain

主人公のジル。いわゆる日本式の懇切丁寧な接客ではなく、気分や体調によって客に失礼な態度をとることも。昔の恋人との傷を抱えている。

 

f:id:momotoyuin:20200124152437j:plain

左はバーの同僚ギル。いじられキャラでヤ◯チン扱いされています。右がバーのオーナーのデイナ(女性)。武勇伝を持ち、主人公に優しい。

 

f:id:momotoyuin:20200124152510j:plain

通称おっぱいハッカーのアルマ。ハッキングの話とおっぱいの話が主でジルとは仲良し。その左は主人公にしか見えない幽霊のアナ。

ちなみに、下ネタや用語は飛び交うものの下品ではありません。オトナの夜の会話。

 

f:id:momotoyuin:20200124152146j:plain

アイドルのキラ☆ミキ。お忍びでバーに訪れます。ストーカーに遭っているが……独特の倫理観を持っている。

 

f:id:momotoyuin:20200124152218j:plain

24時間365日すべてを生放送配信している、すとり~みんぐチャン。登場すると、ニコニコ動画のようなコメントが画面に流れます。独自のBGMが耳から離れなくなります。

 

f:id:momotoyuin:20200124152910j:plain

男でも女でもプレイするアンドロイドのドロシー。客とのプレイの話を聞けます。

 

f:id:momotoyuin:20200124152602j:plain

f:id:momotoyuin:20200124152713j:plain

癖が強いおじさん 多数

 

f:id:momotoyuin:20200124152641j:plain

犬(同僚)

 

f:id:momotoyuin:20200124152730j:plain

脳みそ

 

キャラ一人一人に信条・信念があり、今を生きています。 それが会話だけで伝わってくる点がこの作品のすごいところだったりします。

注文にしても、おすすめのカクテル、まずいカクテル、珍しいカクテルなど様々な注文をしてきます。また、数回しか来店してないのに「いつもの!」と注文してくること客もいれば、注文されていないカクテルを提供することで喜ぶ客も。中には、「まがいものをくれ」→ビール風飲料を提供するのが正解

などなどなど、謎掛け的な発想が求められることも。そういった点も魅力の一つです。

 

下戸でも楽しめるカクテル提供

f:id:momotoyuin:20200124153547j:plain

味の想像は簡単。ざっくりですが、以下のイメージでOK。

  • アデルハイド:甘味
  • ブロンソンエキス:苦味
  • デルタパウダー:酸味
  • フラナガイド:辛味
  • カルモトリン:アルコール

定番のビールから、ふもふもドリームといった可愛いカクテルまでレシピは多数あります。 レシピどうりに作ればOKなので、非常に簡単です。

ブレンドはミックスを数秒した後、コントローラーのバーブレーション後に提供すればOK。操作に慣れてくると、パパっと手際良く提供するのが楽しくなってきます。

f:id:momotoyuin:20200124153342j:plain

 

想像力を掻き立てる 

西暦207X年、人間や機械が共に暮らす世界のとある街。腐敗した政府と大企業が牛耳る街の一角でのバー。

という舞台設定があります。バーの外では物騒な出来事が多発していますが、バーの中に直接的影響はありませんし、ゲームの画面が切り替わることもありません。プレーヤーが出来ることと言えば、客の会話から察することと、帰宅後にスマホでニュースサイトなどをチェックすることのみ。

たとえば 

f:id:momotoyuin:20200128010243j:plain 

f:id:momotoyuin:20200124152954j:plain

アイドルのキラ☆ミキは客の一人。ニュースサイトでアンコールコンサートが決定したことをブログで知ることが出来ます。

 

f:id:momotoyuin:20200128153241j:plain

他の日には、キラ☆ミキがバーに訪れたことをブログに記したことを知り、複雑な心境になるジル。

 

これだけの流れなのに、バーの外で起こっている出来事が想像できるんです。そして、プレーヤーの中で客同士の人間関係がつながっていく。AさんがBさんを探してたな……とか、BさんはAさんのことを……みたいな。Cが事件に巻き込まれてDが……みたいな。具体的な描写は一切ないにも関わらず。

なので、いつの間にかヴァルハラにいるような感覚になってしまうんです(大げさかもしれませんが)。

 

世界観・キャラ・BGMが抜群にマッチ

世界観・キャラ・BGMがマッチしているので、いつの間にか面白くなっているんです。プレイする前はわからなかったのですが、高評価にも超納得ですし、プレイしなければ面白さはわかりません。ヴァルハラは、その代表作みたいなものと言えるでしょう。

 

f:id:momotoyuin:20200124152036j:plain

リラックスした状態でプレイすることを推奨されます。こんなことはじめて

  

元ネタがわかると楽しい

このゲームの作者が、日本のアニメや映画が好きだそうです。なので、会話の所々にネタが散りばめられています。

などなど。

他にもあるのでぜひプレイして確かめてみてください。

 

翻訳が素晴らしい!!!

f:id:momotoyuin:20200124125141j:plain

このゲームをクリアした時、真っ先にチェックしたのが翻訳の方の名前でした。海外のノベルゲームですが、日本語の言い回しがとにかく素晴らしいんです。ノベルゲームにおいてキャラのセリフは命ですよね。そのキャラ一人ひとりの口調はもちろん、上記のようなネタ、海外で作ったとは思えない言葉の数々……この作品の世界観を正確に捉えており、それをプレーヤーに伝えています。素晴らしい仕事だと思いました。

武藤陽生さんのインタビュー↓↓

プロの翻訳者が有志日本語化に抱く想いとは?『VA-11 Hall-A』武藤陽生氏インタビュー「自分が納得のいく翻訳をしたい」【有志日本語化の現場から】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

 

ジルの過去に共感(ややネタバレ注意) 

f:id:momotoyuin:20200124152341j:plain

ジルは客に当たることも珍しくない

ジルは、恋人とケンカ別れしたことを悔いています。簡単に言うと、あの時、謝っておけば良かった……というやつです。それなりに生きていれば、誰でも抱えている想いだと思います。

けれど、それだけではただ共感するだけ。周りの人に支えられ、ぶつかり、仲良くなることで悔いに対する考え方も変化していきます。その過程の描き方が素晴らしいんです。そして、エンディングも素晴らしい。

人生に対して何も悩みを抱えていない人はおそらくいないでしょう。僕自身も、親友と縁が切れた時のことを思い出して共感していました。

www.momotoyuin.com

 

クリア後・クリア時間

  • お金とアイテムを引き継いでニューゲームが出来るので、様々な攻略が可能になります。また、特定のエンディングを見る方法をアナが教えてくれます。
  • アナのプロローグの追加
  • タイトル画面がやや変化

クリア時間は、4時間ほどでした。ただ、僕は速読術を習得しているので、テキストをパッパと流していました。なので、2~3倍は速いかもしれません。

 

2周目は攻略サイトを見ることがおすすめ。

www.spoiler.jp

 

悪い点も

まず、スティックの操作性があまり良くないです。

f:id:momotoyuin:20200124125617j:plain

左スティックでカクテルの成分を選択するのですが、アデルハイドとブロンソンエキスをよく間違えます。

 

また、ゲーム開始当初は何が何だか分かりません。

言われたカクテルを作れば良いのかな? と思うのですが、買い物で特定のアイテムを購入しなければ、ジルが仕事に集中出来ず、どのカクテルを提供すればいいのかわからなくなってしまいます。寝不足になったり、ブラのひもがかゆいとか思ったり。また、カクテル作りで作業感を感じてしまう人もいるでしょう。

 

他にも、BGMの設定がわかりにくい、ゲームのボリュームが少ない点などが挙げられます。エンディングは6種類ほどあって楽しいのですが、何周もプレイしようとは思いませんでした。ただ、クリア後は世界観に浸りきっていたので、時間を置いてプレイするとは思います。

一応、すべてのエンディングが見れる動画を載せておきます。

 

まとめ

世界観・キャラ・BGMが抜群にマッチした素晴らしい作品でした! 神ゲーと呼んでも良いでしょう!

クリア後は、 

一日を変え、一生を変えるカクテルを!「Time to mix drinks and change lives!」

というセリフに愛おしさを感じているはず。

高評価の理由がプレイすることで理解できる、おすすめの作品です。

 

関連作品など 

続編のN1RV Ann-A

 

コーヒートーク 

ヴァルハラに影響を受けたとか。コーヒー版ヴァルハラという噂も。購入したので、クリア後にレビュー書きます。

 

 

 

関連記事

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com