僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【月間15万PVに感謝/福岡県在住】「学び」「本」「旅」「彼女とのやり取り」。問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

【要注意!!】西川ダウンはクリーニングに超苦労する!!

f:id:momotoyuin:20190830001416j:plain

2016年にナノ・ユニバース「西川ダウン」を購入したのですが、、、去年の冬を終えた辺りから段々と汗臭さを感じるようになりました。軽くて暖かくておしゃれなダウンジャケットではあるのですが、メリットだけでなくデメリットもあると感じたので記しておきます。

購入を考えている方に向けて書いています。

 

 

西川ダウンをクリーニングに出すまで

西川ダウンとは

1566年創業の歴史ある寝具の「西川」とnano・universeのコラボウェアです。羽毛布団で有名な西川が羽毛を提供しており、その暖かさは折り紙付きです。

定価は4万円ほどだったと思いますが、セールで2~3万円で購入した記憶。

 

f:id:momotoyuin:20190830001251j:plain 

-最適な暖かさを提供する機能性-
ダウンの封入量やステッチ技術、新しいテクノロジーによって、最適な暖かさを提供。
東京西川のフレッシュアップダウンに加えて、今作の基軸となる技術が「メタルギア・ダウンテック」。非常に薄いアルミニウムを蒸着させた「METALGEAR(R)」を背面の体感部分に配置し、体から発生する熱線を効率よく保温することができます。

-表面撥水機能-
撥水加工が施された生地は、優れた初期性能を発揮し、小雨や雪などを弾き、乾燥時間を短縮させます。
※防水機能ではありません。使用に伴い、性能は低下しますが、適度な処置を施すことで性能を維持できます。

-熱線反射機能-
新しく使用した「メタルギア(R)」は、表面にアルミニウムを薄く形成したメッシュ素材で、体から発生する熱戦(赤外線)を反射して高い保温性を実現します。

-高品質ダウン(フレッシュアップ)-
東京西川独自の技術「フレッシュアップ加工」により、高品質で衛生的なダウンを使用。その高い保温性や軽量性はもとより、サニタイズ(R)加工も施されており、長く衛生的に使用することが可能です。

 

僕が買ったやつ

f:id:momotoyuin:20190830120345j:plain

素材:本体:毛100%、 裏生地: ナイロン100% 中わた: ホワイトダックダウン90%、ホワイトダックフェザー10% 別布: 綿100%

洗濯表示:

 

シミなどの外的な汚れはなく、購入した翌年から羽は出始めていたのですが、今年の2月下旬~3月上旬辺り(たぶん)から、着ていると汗臭さを感じるように。彼女にも指摘されて、これはもうダメだ……と思い、クリーニングに出そうとしたものの、これが相当難しく、、、(後述)。結局、今に至ります。

 

f:id:momotoyuin:20190830120353j:plain

アップして照度を上げると、こんな感じで羽が出ています

 

僕が買った西川ダウンは、表面の素材が毛。一般的によく見るナイロンではありません。 

f:id:momotoyuin:20190830003950p:plain

同タイプで、ナイロンという素材がわかりやすい画像をセレクト

ナイロン素材のダウンジャケットは、デザイン・素材感・見た目などの点から個人的にあまり好みではありません。

 

ちなみに、ファッションには関心がある方だと思います。

去年はラウンジリザードのスタジャンを購入しました。

 

ダウンジャケットも、glambのレザーダウンジャケットを数年着ていました。

f:id:momotoyuin:20190829235240p:plain

 

その他に、西川ダウンの商品は、ナンバーナインナノユニバースがコラボしたコートも持っています。

f:id:momotoyuin:20190830004635j:plain

 

しかし、アウターで汗臭くなったのは初めて。そして、クリーニングでここまで困ったのも初めてです。

なので、西川ダウンを購入する方のためにも(ナイロン素材は除く)その流れを記しておきます。

 

クリーニングに超苦労した流れ

簡単に言うと、

汗臭さを取るためには水洗いする必要がある

→しかし、洗濯表示はドライクリーニング

→汗臭さが取れない

→どうすれば良いのかわからない

なので、自分より詳しい人に聞き込みをすることにしました(今年の2月にもしたのですが、あまりに面倒くさくて放棄した)。

 

ショップ店員に、クリーニングの注意点やおすすめ店舗を聞くも……

  • なぜかその店から最も近いクリーニング屋を紹介される
  • クリーニングのメニューに「ダウンジャケット」があれば大丈夫
  • カスタマーセンターにかけると良いかもしれない

福岡にあるナノユニバースだけでなく東京の店舗にもかけましたが、総合するとこんな感じでした。

 

とりあえず、ダウンジャケットがメニューにあるクリーニング屋に行ってみました。

 

クリーニング屋に行くも……

ユニ⚫ロのウルトラダウンのようなナイロン素材だとバシャバシャ水で洗えるが、やはり西川ダウンは水洗い出来ないとのこと。

f:id:momotoyuin:20190830121116p:plain

 

つまり、ドライクリーニング=オイル洗いになるので、汗臭い匂いの脱臭は、あまり効果が期待できない。しかも、クリーニング店によっては、羽がもがれにもがれ、やせ細ってしまうこともあると説明してくれました。

→機械洗いは避けた方が良いので、料金は高額になりがち

→けれど期待できない

 

これは本格的に困ったことに。

そこで、カスタマーセンターに電話しました。

 

カスタマーセンターは、クリーニングはノータッチ

西川ダウンが汗臭い。けれど、水洗い出来ない。クリーニングをどうしたら良いのか教えてほしいという旨を説明。

すると、品番を聞かれたので、教えて電話口で待っていると、データがないと言い出す始末。仕方ないのでタグ表記を説明しても話は進まず……

なかなかこちらの意図を汲んでもらえず。すべてをイチから説明してやっと理解してもらえて、電話口で数分待った結果、、、

 

ナノユニバースとしては、クリーニングのタグ通りのアドバイスしか出来ない

 

と言われてしまい……。

毎年リリースする看板商品に関しての発言とは思いたくなかったものの、受け入れるしかない。大半の人気なブランドは、やっぱり作ってお終いってことです。ファッションブランドって、自分たちではクリーニングしないですしね。

 

とにかく、現実的な解決策は得られませんでした(クリーニング面に関しては)。

実際に電話すると、同じ答えが聞けることを保証します。

ナノ・ユニバースカスタマーセンター:0120-705-088

 

唯一実績を確認できたクリーニング店

「西川ダウン クリーニング」で検索して、唯一実績のある店舗を一つだけ発見。

基本料金6000円+消臭加工+往復送料で……1万円を超えます。

んんんんんんんん~~~~~~~~。2~3万で購入したものにクリーニングで1万円を払うべきか……。

ここだけの話、西川ダウンは毎年リリースされる商品なので、新古品を1万円代で購入することも不可能ではありません。

 

電話対応の方は、非常に明瞭で丁寧な説明をしてくれたのですが、、、やっぱり高い。僕の場合、商品にそこまで愛着は持てなかったと言えるでしょう。

packman2.com

 

電話対応で信頼できたお店にお願いすることに

生活圏内(福岡市・北九州市)で、良さげなクリーニング屋に何軒か電話しました。すると、こちらの意図をすぐに汲み取ってくれた店舗が一つだけ。

ブランドダウンジャケットは、基本的に維持が大変であるということ。毛100%は、水洗いすると縮んでふんわり感がなくなることも。ただ、了承を得て水洗いすることもある(→技術に自信を感じた)。そして、モンクレールなどを例に出してくれました。などなど

多店舗展開していない、一点一点を丁寧に扱い、工場と併設、祖父の代から経営しているので50年になるなど……

もう失敗しても良いや、と思えるこの店にお願いすることにしました。

 

★後日、追記します★

 

中古で購入する際は注意が必要

ここまで読んでくれた方ならわかると思いますが、西川ダウンに限らずブランドダウンジャケット(ナイロンは除く)の中古品の多くは、真の意味でクリーニングされていない確率が非常に高いでしょう。ヤ⚫オク、メルカ⚫、セカ⚫ドストリートなどで中古品を買うのは、絶対におすすめ出来ないですね。

表面はクリーニングしていても、中は汗で細菌だらけかもしれませんよ(←あんたのダウンの中身細菌だらけやろ、と彼女に言われた)。

 

まとめ

ダウンジャケットの質・相場を考えると、西川ダウンは優秀だと思います。安いダウンって、やっぱり暖かくないんですよね。 しかし、維持費もまたかかることを認識すべきです。 

 

メリット:軽い・暖かい・ダサくない

デメリット:汗をかきやすく汗臭くなりやすい・羽が出る・クリーニングに超苦労する

 

まあ、2016年の商品なので、現在はまた異なるかもしれません。ただ、今年リリースしている同じタイプのモデルは毛98%ポリウレタン2%で、タグ表記にも大きな変化はありませんでした。

購入していないので断言は出来ませんが、中国製ですし、カスタマーセンターがあの対応なので、個人的にはあまり変わらないと予想しています。

store.nanouniverse.jp

 

冬のアウターはどうしても数万円の買い物になると思います。本当に良い服って何なのかな……としみじみ思ったのでした。

 

関連記事 

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com