記事内に広告が含まれています。

【岩倉アリア】クリアした感想と攻略情報(ネタバレ超注意・全エンディング回収)

Nintendo Switch

【2024年7月4日 ストーリーの要約などを追記・更新】

2024年6月27日に発売されたNintendo Switchソフト『岩倉アリア』をクリアした感想・評価・全エンディングを回収する攻略情報などを綴っています。項によってはネタバレ注意です。

当サイトからインターネット回線をお申込み・お乗り換えで、Nintendo Switchが必ずもらえるキャンペーン中! 新規お申込みもお乗り換えもOK! 専門オペレーターが最適なサービスをご案内いたします(相談無料)★

スポンサーリンク
この記事の著者
もも|プロフィール詳細へ

大学時代にグルメ本を出版・書評コンクール入賞など、文筆に傾倒。就職できずに当時薬学生だった彼女のヒモになるが、一念発起して立ち上げたブログで生計を立てることに成功(その後、結婚!)。ゲームやマンガなどエンタメ分野のレビュー、感謝を綴ったエッセイが好評。ブログ歴8年目になり、当時の内容を綴ったノンフィクション小説の電子書籍化が決定。

岩倉アリア とは

少女は、縛り首の運命(さだめ)を待つ

MAGES.完全新作オリジナルADV。愛憎渦巻く人間模様、女性同士の強い絆を描くドラマチックサスペンス作品。

公式サイト:https://game.mages.co.jp/iwakura-aria/

ジャンル:リアルファンタジー・サスペンスADV

プレイ人数: 1人

CERO:C

ストーリー・キャラ

今作は、高度経済成長期の日本を舞台にしたサスペンス・ヒューマンドラマです。 登場人物それぞれの、複雑で、時に矛盾した感情、その心の動きがもたらす波乱の展開を追っていく濃厚なストーリーは、プレイヤーの心をも1966年の「あの夏」へ誘います。

クリアした感想・評価

主人公:壱子が女中として屋敷の秘密に迫るサスペンスだが、、、

髪を梳かしてもらっているのが主人公:北川壱子

好き好き~!」という態度を全開にしてたのに、屋敷に隠された秘密を見たことで、今度は嫌い嫌い!という嫌悪感を出さずにはいられない。事実確認をする前に、脳内で自分勝手にストーリーを創り上げてしまって他人に迷惑をかける……主人公:壱子はこんな感じの性格をしています。

良く言えば感情豊かで若者らしさがあり、悪く言えば短絡的で本質を見ることが出来ない、と言えるでしょう。それ故に、自身の感情にこれでもかと振り回される様子を、プレーヤーは見ることになります。

サスペンス要素が強いため、伏線回収やプレーヤーの感情を壱子が代弁する役割もありますが、、、眼の前で起きた出来事のみでしか物事を判断できないので、面倒くさい。

 

ですが、その感情に周囲も動かされることで、ストーリーも人間関係も深化します。

 

感情を筆に乗せることで描かれる絵が、人を魅了する。芸術家の資質もある壱子

伏線を回収する、好奇心が抑えられないから謎を知ってしまう。しかし、結果的にそれが周囲を動かしていく、という点はサスペンスにおいて大切だと思います。

とまあ、壱子を批判するようなことを書いておいてなんですが、僕自身もこういう一面があるのであまり強くは言えないっていう、、、笑。感情の起伏があることで人を振り回すってことですね。

どちらにしても、壱子という存在が、本作で最もプレーヤーの好みが分かれるポイントだと考えています。

声優さんの演技が光る。エロい

自身の感情に振り回される壱子(鈴代紗弓さん)の演技はさすがですが、、、あまりにも面倒くさい性格をしているため、壱子を拒絶したくなる方もいるのではないでしょうか。そういった場合、キャラ別に音声OFFに出来る機能があります
この配慮は、本当に素晴らしいと思いました。声優さんの演技が上手いからこそ、不快感が生まれることもあるんですよ。今後の全てのゲーム作品にも浸透してほしいですね。

 

あと、特筆したいのは周(森川智之さん)の演技です。もうエロエロです。裏表のある演技が女心に刺さるのではないでしょうか。ハマリ役だと思います。森川智之さんのファンの方は嬉しいんじゃないかなあ。

他にも、面白い演技・官能的な演技も多いため、声に艶を感じる側面も本作の魅力だと感じています。ちなみに、個人的に好きだったのは、スイが壱子の前でヘタる演技です。

百合の要素があるノベルゲーム。演出が◎

百合作品に造詣が深いわけではないですが、、、

異なる立場(金持ちと貧乏など)、精神的にSとMの関係で相性が良い、二人で生きるには困難な周囲の環境と敵がいる、感情を最高潮にするために友人にも嫉妬、触れる・触れられる、などなど……人気の百合作品で描かれている定番の設定が本作にも盛り込まれている……と思います。そういった意味では、一般的にも親しみやすさがあると考えています。

また、ノベルゲームとしてもノンストレス。早送り、スキップ、自動進行など、プレーヤーのペースに合わせた配慮が行き届いているという点で、ユーザーフレンドリーな作品でした。

ただ、文章がやや難解な部分もあるため、CERO:C(15歳~)の国語能力が望ましいと思います。それなりに読書をしてきた僕自身もわからない単語がありました。同衾(どうきん)するほどの友情 って何? みたいな。

段階を追って謎が解ける。サスペンスとしても◎

え……? というセリフしかない。でも、この一枚だけで状況を推察できると思います。死んだ目をしていたけど、眼の前の人のおかげで目が輝くってことは、絵を褒められたのかな? みたいな。

あとは、演出面に優れているので没入感がありますね。

その他・小ネタ・気になった点など

料理の絵が一度も出てきません。これはさすがに出してほしかったですね……。美味しそうなセリフも演技もあるので勿体ない。特に、ラズベリーパイは(クリアしたらわかってもらえると思う)。パティスリーマニアとしても残念な気持ちです。

 

もっと絵を描いてくれよ と壱子に言いたくなりました。絵で認められたんだったら、それにしがみついかないと。仕事のスキマ時間の全てを絵に捧げてくれよ、と。才能の片鱗をもっと見たかった。

 

人生は一つの選択で変わり得るという点で、リアリティのある描写が好きでした。(夢を叶えられずに)夢を追うことにアイデンティティを持っている方は、心に響きそう。

 

明里や庭師は最後まで具体的には描かれず。サイドストーリーだけではわかりにくい部分もあると思いますが、考察の余地がある、という意味でも個人的には問題ないと思います。

 

エンディングは満足でしたが、真エンドについてはやや残念でした。というのも、制作がおそらく最も見せたいであろう「RUN FATHER RUN(たぶん真エンド)」を先に見ちゃったからです。僕のゲーム経験から言えることは、全部のエンディングを回収した後に、真エンドを開放してほしい ってことですね。真エンドを見た後の他のエンディングを見ても、呆気ないため。

あと、エンドロールが◯ボタン1回押すだけでスキップされるのも残念でした。大半の人は、初見ではおそらくスキップしちゃうんじゃないでしょうか。エクストラメニューからもエンドロールが見れないため、いちいちクリアし直す必要があります。低予算・低価格かもしれませんが(違ったらすみません)、だからと言って、プレーヤーはエンドロールを見たくないわけではない、と綴っておきます。

 

太宰治『グッド・バイ』。なんで『人間失格』や『走れメロス』じゃないのか、ストーリーを最後まで読めばなんとなく伝わります(個人的にはわかる)。

体験版がかなり良かった

声優一覧

北川壱子:鈴代紗弓

岩倉アリア:中村千絵

岩倉周:森川智之

宮内スイ:本多真梨子

大工原宗助(庭師):大須賀純

吉野明里:吉住絵里加

掛下秀一郎:田代哲哉

など

クリア時間・クリア後

全エンディング回収で10~15時間くらいでしょうか。クリア後は、サイドストーリーが解禁されるくらいでしょうか。ボツになったアートなどももっと見たかった。

攻略情報

エンディングを全て回収するためには

「中に入る」or「ドアを閉じる」の選択画面。

基本的には、二つの選択肢が出た場面が分岐ルートに入る合図です。上記の場合、「ドアを閉じる」を選択をすることで、そのエンディングへのルートに入ります。

なので、選択肢が表示されたら片方を選択→クイックロードを確認すると良いでしょう。

クイックロードを見直すことで、三章エンド 実を結ぶ人生↑↑ に入ったことがわかる。その上の三章四話は正規ルート。

サイドストーリー

AMANE1932

→AMANE1944

→傷ついた天使

→SOUSUKE1949(真エンド)

→AMANE1949

→AKARI1964の順番で解放されました。順番はバラバラですが、エンディングを全て回収すれば最終的に全て閲覧可能です。

エンディングなどのネタバレ

 

全エンディングを回収するルート

「なんでもない日」一章五話:中に入る or ドアを閉じる。ドアを閉じると、今までの女中と同じようにクビになるエンディング。

 

灰は灰に、塵は塵に」三章三話:衣装部屋に行く or 周の部屋に行く。周の部屋を選ぶと、卑しいと非難されてクビに。数十年後、あの家にいればアーティストになれたけど、(現実が上手くいかないから)死ぬ時だけでもあの家でアーティストとして死のうと決意する壱子の焼身自殺エンド。テロリストや通り魔はこんな感じで生まれるのかな? と。

 

PANDORA’S BOX」三章三話:ハサミを受け取る or 受け取らない。受け取ると、刺してみたくてたまらない→宗助に見られてクビに→屋敷を出て数十年後、娘と夫と再訪して、宗助(庭師のまま)と会うエンディング。

 

「実を結ぶ人生」三章四話:アリアの話をする or スイの話を聞く で、スイの話を聞く。あとはスイを手籠めにして振り回せばOK。スイと恋人になり、レストランオーナーと雑誌編集者に。

 

「また来る夏」四章五話:買い物リストを見る or お金を確認する。お金を確認すると、銀座から屋敷に戻ったら周にボコられて障害持ちに。結婚と離婚を繰り返して韓国でタトゥーアーティストになった壱子の元に、ダリアの花の絵を持ってアリア(たぶん)がやってくるけど、それを思い出せないエンディング。

 

「システムエラー」四章六話:周の部屋 or 噴水 で噴水を選択。厨房 or 応接室 で厨房を選択する。アリアのカフェオレを飲んで、丸一日寝てしまう壱子。その間にアリアは旅立ち、壱子はクビになり、屋敷を手放す周。年月が経過し、堕落した壱子が描かれる。

Persona 1 God」五章四話:準備室へ行く or 特別室へ行く。準備室へ行くを選択。壱子が周に首をしめられている。その後、スキャンダル本を出版した、北川アリアとして生きる壱子が画面に映っておしまい。

「ピリオド」五章四話:準備室へ行く or 特別室へ行く。特別室へ行く選択。周に殴られておしまい。

RUN FATHER RUN」五章ニ話:アリアと一緒にいる or ラズベリーパイ。ラズベリーパイを選択。屋敷を脱出して二人は生きていく。サイドストーリーで一緒にお風呂に入る演出も解禁。たぶん真エンド。

PS4版・PS5版で発売する時は、トロフィーが面白いことになりそう

ストーリーの要約(7月4日に追記・更新)

公式でも注意喚起がありましたし、この項を読むとゲームをする楽しみがぐっと減っちゃうかもしれないので、クリア後に確認するような形で読んでいただければ幸いです。

周に女中として雇われた壱子だが、アリアには好かれずに思い悩む。しかし、壱子に絵が描けることをきっかけにアリアに気に入られ、壱子は岩倉家に受け入れてもらう。アリアは壱子に絵を描いてもらうため、カンバスをプレゼントする。

壱子が部屋を漁っていると、受胎調整薬を見つけてしまう。アリアがお客さんに体を売っていると勘ぐるが、壱子の勘違いだと判明。アリアは男に興味を持ったことがなく、もしもの時のために周に渡されたとのこと。

 

傷ついた足が翌日に完治したり、書斎で過去の写真を見つけて年齢の計算が合わなかったり、アリアの体質を疑問に思う壱子。客人に足をスリスリされるアリアの様子を盗み見た壱子は、再びアリアに対して嫌悪感を持つように。

剣や銃が飾られた準備室の存在を知ってしまった壱子だが、それがアリアと周にバレる。その場でアリアがナイフで腕を切り、痛みを感じない体質であること、その体質から宗教:天遣会の神の子として崇められていることを語る。一定の寄付金を受け取ることで、信者の苦しみをアリアが体を以て代行する話を聞く。

ちなみに、選択によっては、アリアと周に血の繋がりがないことが語られる。

 

今までよりも深くアリアのことを知った壱子は、アリアとの関係性が深まる。そんな中、周がアリアを準備室で刺しまくって口笛を吹くところに遭遇してしまう。また、周と最初に出会った時に買ってくれた絵も、倉庫の奥に放置されていたことも発見。以降、壱子は周に対して嫌悪感を持ってしまう。関心がないからこそ、人に優しく出来る人がいるなんて知らなかったと学ぶ。

壱子がおつかいで銀座に外出するが、帰宅するとアリアが信者にボコられていた。壱子は周に怒りをぶつけるが、アリア自身が選んだことだから、と相手にされず。アリアは以前とは異なり、体に痛みを感じるようになる。

 

壱子は地下の特別室を発見し、アリアの誕生日に儀式を行うことでアリアを殺したい、という周の本性を知る。が、一方でアリアも死にたがっていることを知った壱子は、屋敷を出ていくことを決意。アリアに感情をぶつけ、引き止められながらも雨の中外に出る。が、なんだかんだで屋敷に戻る(もう出ていく! → 待って! 外は雨よ→ 私のことよりも雨に濡れる方が嫌なんだ→ みたいな茶番を繰り広げたことで)二人の絆はより深まる。

アリアは死にたがっていたことを反省。アリアを描いた油絵を、壱子は完成させる(特別室に飾られる・白髪と黒髪の2パターンあった)。

アリアは、本名が岩倉ゑる であることを壱子に告白。母の形見のスプーンにElと掘っていた意味もここでわかる。二人でこの屋敷を出ていこうと決意するが、周の登場で頓挫する。壱子だけは逃げてと言われて屋敷を出るが、やっぱり特別室へ→アリアを助け出す→庭師の宗助の助けもあり、脱出に成功。二人で生きていく。

周を見切った明里は、屋敷に弁護士を行かせる。周の破滅を予期させるような展開でおしまい。

まとめ

面白かったです!

おそらく真エンドを最初にみてしまったことで、やや呆気なかった部分はありましたが、、、ストーリー構成も美しく、文章の一つひとつが推敲されているのも伝わってきました。声優さんの配役も完璧ですし、音楽も雰囲気に合っています。なので、美意識が随所に感じられる作品だった、と感じています。

ただ、文章を読むのが苦手な方、芸術系の夢を追っていたのに夢が叶わずに堕落している中高年の方などにはおすすめし辛いですね。

体験版は超おすすめです★

当サイトからインターネット回線をお申込み・お乗り換えで、Nintendo Switchが必ずもらえるキャンペーン中! 新規お申込みもお乗り換えもOK! 専門オペレーターが最適なサービスをご案内いたします(相談無料)★

関連記事

www.momotoyuin.com

スポンサーリンク

コメント