僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【月間15万PVに感謝/福岡県在住】「学び」「本」「旅」「彼女とのやり取り」。問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

薬剤師国家試験に落ちた彼女を、僕は隣で見ていた~立山黒部アルペンルート旅行

f:id:momotoyuin:20180703035739p:plain

「薬剤師国家試験に落ちた彼女を、僕は隣で見ていた」第八話。息抜きで行った立山黒部アルペンルート旅行の話。

 

 

この話の続き↓↓

www.momotoyuin.com

 

旅行の予定

一日目

 名古屋駅から夜行バスで富山駅

 立山駅~黒部ダム~室堂平~称名滝

 パティスリージラフ〜金沢駅
 ドーミーイン金沢に宿泊

二日目

 金沢みらい図書館~兼六園金沢21世紀美術館

    金沢駅から高速バスで名古屋駅

 

一日目~立山黒部アルペンルート

f:id:momotoyuin:20180702212151j:plain

1971年に全面開通した立山黒部アルペンルートは、富山県立山町立山駅(富山地方鉄道)と長野県大町市扇沢駅とを結ぶ交通路で、世界的にも有名な大規模な山岳観光ルートである。

引用:立山黒部アルペンルートの旅 - H.I.S. 国内旅行

 

 7月下旬。夜行バスで名古屋駅から富山駅へ向かう。「三時間寝られたらいいや」と思いつつ、案の定一睡も出来ずに到着。その後、電鉄富山駅から立山駅へ。始発電車にも関わらず、登山服を着た方がちらほら。車窓から見える田園風景の中に、河川があった。川の水が透き通っていると、旅行に来た実感が全身から湧いてくる。この瞬間がたまらなく好きだ。

 

 立山駅に到着すると、ケーブルカー乗り場と切符売り場が人でごった返していた。事前にWEB予約をしていたが、決済は現地でする必要があった。WEB予約専用売り場があったものの、そこにも人の列……。残り10分で出発するという状況なのに、いきなり出鼻をくじかれそうになった。

f:id:momotoyuin:20180626133614j:plain

 立山黒部アルペンルートの難しさは、時間との戦いにある。

 立山駅から黒部ダムに向かう場合、立山ケーブルカー立山高原バス立山トンネルトロリーバス立山ロープウェイ黒部ケーブルカーと乗り継いでいく必要がある。時期によっては大変混み合うし、僕らとは反対側の扇沢駅(長野県)からアルペンルートに入る人もいる。

 だからこそ、わざわざ夜行バスに乗ってスタートしたのだ。初っ端のケーブルカーに乗り遅れると、立山高原バスでも一本待つことになり、その次の立山ロープウェイでも待つことになり、、、その都度待ち時間が発生してしまえば予定がすべて狂う。こういう情報が一番知りたかった……と心底思った。

 

 残り一分でなんとか決済完了。そこからは超ダッシュ。待ち時間0秒でぎゅうぎゅう詰めのケーブルカーへ。

f:id:momotoyuin:20180702172140j:plain

 

 立山高原バスに乗り換え、やっと一息。

f:id:momotoyuin:20180626133843j:plain

 遠くに称名滝が見える場所で、バスの速度を落としてくれた。数時間後にあの場所へ行くことを考えると、一気にテンションが上がった。彼女はそんな僕を見て「テンション下がるわ~」と、こっそり言ってきたことを覚えている。

 

f:id:momotoyuin:20180628223755j:plain

    トロリーバスの後部座席は揺れすぎ。胃袋を掴まれてシェイクされる感覚なので要注意。

 

f:id:momotoyuin:20180626133906j:plain

 黒部ダムの放水を見て思ったことは、ケチってるというか、ドゴーって感じではなかった。水量は期待以下だったけれど、迫力はすごい。

 

f:id:momotoyuin:20180626133718j:plain

f:id:momotoyuin:20180626135324j:plain

  室堂をぐるっと一周。あとは、湧き水に救われた。無料で水が飲める場所は本当にありがたい。

 室堂から立山駅に戻るバス車内で、後ろに座っていた小学生が嘔吐してしまった。その親御さんが「すみません、すみません」と何度も謝っていた。しかし、誰も悪い顔はしていなかった。なぜならば、トロリーバスの経験があったから。立山黒部アルペンルートに行く場合、高山病対策や酔い止めなどが必要かもしれない。

 

f:id:momotoyuin:20180626133739j:plain

f:id:momotoyuin:20180626133748j:plain

 落差350メートル(日本一)の称名滝。大混雑を予想していたが、称名滝に向かうバスには僕らの他に一組しかいなかった。「これ、写真撮ってくださいって後々言われるな」と思ったのだが、案の定その通りになって彼女がシャッターを押していた。もう何度目だろう……彼女も僕も、旅行先で写真を頼まれることに慣れてしまった。

 称名滝から戻る道で彼女を撮った写真。この時点で15時くらいだっただろうか。

 

f:id:momotoyuin:20180626151159j:plain

引用:ことりっぷ

 北陸で最も行きたかったパティスリー。こちらも大混雑を予想していたが、僕たちしかいなかった。イエンメイ、トロカデロ、ルノメ、ミスティの4つをいただいた。トロカデロは他にはない美味しさで、ルノメは「チョコが美味しいお店」という評判を納得させた上で更にその上をいく美味しさ。この二つは群を抜いていた。ヴァローナ社のチョコレートを自分のモノにしているシェフには頭が下がる。

 店名「ジラフ」の頭文字、“G”がチョコの薄いプレートに描かれた「ピエジェ」は、10年以上前からあるお店のスペシャリテ。下のマカロンには赤ワインとカシスでコンポートしたいちじくと、ビンテージボルト酒が浸み込んだチョコレートをサンド。手の込んだ生地の層が口の中で広がり、上品な余韻を残します。

 

 パティスリーに行った後は、富山駅からバスで金沢駅へ。ドーミーイン金沢ではチェックイン時に、ウェルカムドリンクとおしぼりを出してくれた。その後、回転寿司へ。北陸と言えばやっぱり海産物ということで、海老三種、のどぐろなどを食べた。現地のものはやはり美味しかった。

f:id:momotoyuin:20180702034431p:plain

 

 また、21時以降のホテルサービスで、夜鳴きそばというものがあった。

f:id:momotoyuin:20180626133849j:plain

 これがかなり良かった。まばらに混み合う食堂には活気があり、そばもするする入る美味しさ。しかも、無料というのが決め手。僕は下戸だが、飲んだ後のラーメンの美味しさを想像できたのはこれが初めての経験だった。

 また、温泉も素晴らしかった。疲れていたせいか、肌に染み渡る気持ちよさ。鳥肌が体を一周し、じんわ〜り体が解けていく感覚、、、。夜行バスの疲れも相まって、この日はよく寝れた。

 

二日目~金沢市内観光

f:id:momotoyuin:20180628223351j:plain

  僕の趣味の一つに、図書館見学がある。正確には、図書館建築とその建築家に関心がある。この日は団体客も見学に来ていた。個人的には昔ながらの図書館の方が好きだが、こういった近代的なデザインの図書館も好きである。やっぱり図書館って面白い。

 

 その後は金沢21世紀美術館兼六園と周った。

f:id:momotoyuin:20180702060651p:plain

 

 帰りの高速バスを待っていたら、浴衣を着た人たちで構内が溢れかえっていることに気付いた。調べてみると「北國花火大会」と呼ばれる全国的にも有名な花火大会だそう。帰りの高速バスで、その音だけ楽しんだ。

  
「就活、もう一回同じ病院受けてみようと思うんやけど、どう思う?」 

 

つづく

 

次回は、なぜ病棟薬剤師になりたいのか、などなど。当時のエントリーシートの内容を公開予定。

 

第一話はこちら↓↓

www.momotoyuin.com