僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【福岡県在住】問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

【電動スタンディングデスク】FlexiSpot EG1を使用した感想~

f:id:momotoyuin:20210311184922j:plain

FlexiSpotのスタンディングデスク EG1(電動昇降式)を使用した感想・評価を綴った記事になります。僕自身が、スタンディングデスクを求める理由なども添えて。

 

 

FlexiSpot | EG1 を使用した感想・評価など

f:id:momotoyuin:20210311184922j:plain

flexispot.jp

無段階昇降ができるスマートデスク
脚部の素材は、自動車用SPCC鋼材で、デスクの耐久性を確保でき、全体的に安定させ、揺れを防ぎます。710mm~1210mmの昇降範囲で子供から大人まで全部対応でき、電動式なので力が要らず女性の方にも使いやすいタイプです。

組み立て~完成~使用するまでの過程ごとに感想を綴っています。 

 

組み立ては大変でした……

f:id:momotoyuin:20210311222440j:plain

f:id:momotoyuin:20210311180052j:plain

デカっ! そして重っっっ!! それが第一印象でした。サイズは事前にわかっていたものの、天板は100×60センチで厚みが2.5センチも(完成品はなんと29~30キロありました)。しっかりと梱包されており、欠品や傷一つない状態で届いたことは◎。

 

f:id:momotoyuin:20210311175943j:plain

ただ、説明書を見ながらでも、組み立ては大変でした。脚をひっくり返して、天板にネジを捻り込む必要がありますしね。YouTubeで「FlexiSpot」と入れると「組み立て」と真っ先に出るくらい。重量的にも、女性一人には難しいと言わざるを得ません。それなりにDIYに慣れている人でなければ、男性一人でも大変です。組み立て作業は2人推奨ですね。

ちなみに、天板を取り付ける際のネジだけはドライバーを自分で用意する必要あり。これは他社ブランドや自前の天板でもOKなので、そういった仕様なのだと思われます。電動ドライバー推奨です(僕はなかった)。組み立て時間は、2人で1時間半くらいでしょうか。

 

天板と昇降操作

f:id:momotoyuin:20210311180506j:plain

メラミン樹脂は丈夫でエコな材質です。表面のポストフォーム加工は木製のような柄があり、上品で手触りも良いです。また、水や汚れにも強いです。
環境にやさしい素材を利用、米国、カナダ、EU、日本安全認証を取得、ご安心で、ご購入ください。

用途としては、飲み物を置く、パソコンを置く、メガネを置くくらいです。あとは、指紋がつきやすいですね。前述した通り、天板は別ブランドのものも使用可能です。ホームセンターなんかで売っていたりするそうです。

 

f:id:momotoyuin:20210311180650j:plain

ボタンは上と下の2つのみ。押すだけで昇降するので超簡単。昇降の音も心地良い。苦労が報われるというもの。脚部の接触音と言うのでしょうか、これは静音です。

高さ調整がミリ単位で簡単に出来ることは、電動スタンディングデスクの最大のメリットでしょう。ちなみに、ボタンに不具合が起きた場合、MAXまで下に下げて下ボタンを5秒押せばリセットされます。後述しますが、故障の際は保証もついています。 

 

高さ調整の具体例

f:id:momotoyuin:20210312020721j:plain

f:id:momotoyuin:20210311180617j:plain

僕の身長は175センチ70キロ。写真撮影で硬直気味↑↑

写真撮影のために姿勢良く?写っていますが、実際に作業を行う時はスタンディングデスクにめっちゃ寄っかかってます。座る・立つだけでなく、左肘だけに重心を置いて体を預けてもOK。バランスボールに両膝で乗ってデスクに寄っかかってもOK。ここでようやく、スタンディングデスクには寄りかかっても動かないだけの重量が必要だった、と納得。

新幹線なんかでも、座席の調整に2、3回はかける面倒くさいタイプの人間なので、本当に助かりますね。

 

f:id:momotoyuin:20210311180657j:plain

しっかりと固定されており、耐荷重:70kg。天板の上に乗ることもギリギリOKだったり……笑。

 

f:id:momotoyuin:20210311180715j:plain

f:id:momotoyuin:20210311180728j:plain

昇降範囲:71センチ(画像上)~121センチ(画像下)までOK。フローリングのワックスが剥げているのはスルーしてください。

コンセントにつなぐ必要がある上に、約30キロと重いので場所は選びます。ただ、接地面には傷防止のためのゴム的なものがあるので、引っ張って移動させてもフローリングは傷つきませんでした。

 

旧モデルからの変化

f:id:momotoyuin:20210311191834j:plain

主に、脚部とリモコンですね 

 

組み合わせの数は多数

f:id:momotoyuin:20210311195055j:plain

f:id:momotoyuin:20210311195037j:plain

  • 天板サイズ:100×60/120×60/140×70cm の3種類
  • 天板の色:天板なしも含めて9種類
  • フレームの色:ホワイトとブラック2種類

引用:FlexiSpot | EG1 

 

相場よりも安い

スタンディングデスクを選ぶ基準は、大きく分けて2つです。昇降が、電動か手動か。手動で昇降するタイプであれば軽いですし、予算も~2万円ほど。一方、電動になると、2万円を越えてきます。

こちらの商品は、電動のスタンディングデスクの中では相場よりも安めです。おまけに、Amazon楽天でも☆4~でそこそこ評価が高いです(ちゃんと調べた)。

 

保証も

 

品質保証情報

購入されたすべての高さ調整机は、フレーム、電気机、その他の机関の5年間、およびコントロ、スイッチ、電子机器の2年間の品質保証を含んでいる。FlexiSpotの保証範囲に関するより多くの情報。

https://flexispot.jp/media/productattach/e/g/eg1_.pdf

 

スタンディングデスクを求めていた理由

腰痛がなかなか治らない

デスクワークを仕事にしている方の大半は、腰痛と付き合っているのではないでしょうか座りっぱなしは、何かと負担がかかります。

僕の場合は、あぐらを組むと痛かったりした時期がありました。鍼や整体に通ったこともあります。学生時代にサッカーをしていた時から怪我がちだったので、悩みのタネではあります。 

 

作業の効率化

図書館でもコンビニでも学校でもそうですが、自分で椅子も机も選ぶことは出来ませんよね(使わせていただけるだけで感謝ではありますが)。可能ならば、自分が机に合わせるのではなく、机に合わせてもらった方が確実に良い……と、文章を書くことを仕事にし始めた時から考えていました。

そこで、机も椅子も吟味していたら、スタンディングデスクという結論に至ったのです。当時は(5~6年前くらい?)価格の高さ・市場での供給過疎で、納得のいく物に出会えず。

今だから言えることですが、自由に自分の好きな体勢の方が集中出来る人間だとわかりました。偏見ですが、こういう人多いんじゃないかな?

 

レビュー依頼を受けた理由

今までそれなりにレビューや連載の依頼をいただいてきたのですが、一切受けたことはありませんでした。その最たる理由は、対象に対する経験や関心が足りず、責任を持って書けないと考えていたから。自分の中に基準がないものは、どうしても説得力がない文章になりがちなので、言及することを避けています。

今回は、スタンディングデスクのレビュー依頼をFlexiSpotさんから受けて、前々から購入をガチで考えていたこともあり、受けさせていただきました。

組み立て時は、「事前に組み立てかどうか確認しときゃ良かった……。これだけ組み立てがキツイと、シビアに書かな割に合わんな。メーカーさんに申し訳ないけど、あんまり後味良くない文章になりそう……」でした。

 

まとめ 

  • 細かい高さ調節が本当にラク。大満足
  • 昇降時の音が良い。ウィーン
  • 天板は自由に変えることが出来る
  • 重さはスタンディングデスクにとって良いことだが、組み立て&コンセントの場所を想定した設置までが大変。

 

高さをこまめに簡単に調整できる、ということは、たまらなく快適です。組み立ての面倒くさささえなければ、もっと普及しても良いんじゃないかなと思いつつも、完成品の輸送コストを考えると非現実的ですかねえ。

在宅勤務・テレワーク・リモートワークの作業の効率化を助けるアイテムになり得るでしょう……!! 参考になると幸いです。

  

関連記事

www.momotoyuin.com