僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【福岡県在住】問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

【ドラクエ10オフライン】クリアした感想・評価~購入を待って!!と伝えたい

【2022年9月22日 追記・更新】

2022年9月15日に発売されたPlayStation®5/PlayStation®4/Nintendo Switch™/Steam®ソフト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』をクリアした感想・評価・攻略情報などを綴っています。項によってはネタバレ注意です。ちなみに、オンライン版は未プレイです。

 

 

 

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン とは

五つの大陸といくつかの島々からなる世界「アストルティア」が、『ドラゴンクエストX オフライン』の冒険の舞台。主人公は、五つの種族が暮らす各大陸をめぐりながら、仲間たちとともに魔に侵され始めたアストルティアを救う冒険に旅立つのだ!

www.dqx.jp

プレイ人数:1人

ジャンル:RPG

CERO:A

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 

クリアした感想・評価

ストーリーが同じ構成ばかりで繋がってこない、しかも未完(ややネタバレ注意)

ある日、村の巫女・アバが村民全員に伝えたのは、「まもなく村が大いなる災厄に見舞われ滅びる」という恐ろしいお告げ。主人公は、「滅びの運命」から逃れるため必要だとされる「テンスの花」を探す役目をアバから与えられる。

~中略~

「テンスの花」を手にした主人公たちを待っていたのは、冥王ネルゲルによって炎に包まれたエテーネの村。「滅びの運命」にあらがうことができず、主人公は命を落とす。しかしその魂はふしぎなチカラに導かれ、五つの種族のひとつに転生することに…… !

冥王ネルゲルの目的を知り、人間の姿を取り戻す壮大な冒険が、ここからはじまる!

冒険の書を作る際に、主人公とその姉のキャラメイクをします。

 

 

ゲーム開始してすぐに主人公の村が魔物によって焼き払われます。その後、主人公の魂が死人の体に入ることで転生。種族と職業を選んで↓↓冒険が始まります。

 

訪れた街や村の危機を救うなど、素晴らしい成果を上げた証として貰えるキーエンブレムを各地で集めるような流れ。

ただ、この危機に陥っている理由というのが、どの街も同じような理由・構成でした。王様の側近・親族などに魔物が化けていて、騙されて封印を解いてしまう→主人公が倒したり。あるいは、謀殺を阻止したり……。

 

タイトルの「五つの種族」の友好につながるような出来事を500年前(メインストーリーで少しの間だけ戻ることになる・オフライン版のオリジナルエピソード)に描いていたのですが、現世ではそれが描かれていません。

その土地だけで完結する話が大半だったのも、同じような構成だと感じてしまった理由の一つですね。

 

美少女怪盗ポイックリンこと、チリ。チリはメインキャラではありませんが、生まれと育ちが別の街(と親も違う)で、その繋がりが少しだけ描かれていたのは個人的に◎でした。国と国を繋ぐキャラが少なかったこともありますし、もうちょっとこういうキャラを描いて欲しかった。

 

また、ストーリー最序盤に出てきて時を超えた(と思われる)姉が、なんとその後一切出てこないという……。2023年春に発売の超大型DLCでは描かれるのでしょうか……。

 

その街で完結するので、次につながっていかないのは魔物も同じ。ボスを倒し続けることで最終的には冥王ネルゲルに辿り着くのですが、キャラ的(描写が少ない)にも強さ的にも物足りないラスボスでした……。

また、討伐後、次はレンダーシア大陸へ~という流れになるのですが、今作はレンダーシア大陸へは行けないそうです。つまり、未完なんですよね……。あくまで個人的な感想ですが、すごく物足りないストーリーでした。

パッケージ版=完結という認識のある方、オンライン版の情報を何も知らなかった(僕のような)方は要注意です。

 

サブクエストが本編かも

今作はメインクエストと同等かそれ以上にサブクエストがあります。サブクエストも同じような構成ばかりというか、ひたすらおつかい地獄でつまらない……と感じていました。

が、一部のサブクエスト(キーエンブレムを貰った後が顕著)はストーリー仕立てになっており、数にして5つの依頼をこなして完了になります。これが個人的には面白かったですね。前述したチリが出てくるサブクエストもこれに該当します。

 

ストーリー仕立てになっているサブクエストのラストに流れるムービーは、おそらくWii版のまんま流用されている気がします。この部分だけリマスターされていないのは悲しかった。

 

オンラインの残骸もそのまんま

オンライン版で使えた(と思われる)施設や機能がそのまま残されているのですが、オフライン版では最後まで全く使えません。そして、それらがどの都市にもあるという状況です。

プレイ当初は「後々使えるようになるんやろな。使えるようになったら強化が捗るんかな」とか思っていたのですが、、、

クリアしてもこのセリフ。ギルドや郵便屋、新興住宅街なんかもそう。オンライン版をオフライン版で発売したらこうなる、という現実を目の当たりにしたのでした。

 

ダメージ乱数が大きいバトル。仲間の加入が多いのは楽しい

行く先々でゲストキャラが加入してくれることが多い。

今作のバトルは、シリーズ作品に比べてもダメージが大きいです。平気で100とか200とか喰らいますし、ボスのHPが1万を超えたりするのもザラ。なので、バフ・デバフ(バイキルトルカニなど)が非常に重要になっています。

 

今までプレイしたドラクエの中でも、ここまで全滅したことはなかったかも。有名なゲーム実況者の『ドラクエ2』のロンダルキアを思い出しました笑。ただ、オートセーブからやり直せるので、ゴールドが半分にならずに済むのは良心的でしょう。

 

テンションの溜まり具合に応じて、必殺技が使えます。演出は好き嫌いが分かれそうですが、戦術や立ち回りが人によって異なるのは魅力。

 

良い効果だけでなくテンションも0になるので、いてつく波動がシリーズの中でも強い。眠り・麻痺・呪い攻撃も厄介です。

 

キャラの育成は、スキルパネルで行います。スキルポイントでスキルを習得してきましょう。また、空いたマスにスキルアップパネルを埋め込めば、周囲のスキルの性能を上げることが出来ます(やすらぎの風がレベル2になっている)。なので、キャラ一人ひとりがスキルパネル次第で活きると思います。

 

主人公の職業だけは取り返しがつかないというか、レベルアップで熟練度が上がる仕組みです。熟考した末、戦士・武闘家でバトルマスターにしましたが、これが正解でした。というか、バトルマスターじゃないと火力不足になりそう(後述)。

 

金策とレベル上げが簡単過ぎる

ショップで500円くらい購入したら一枚貰えるふくびき券を、宿屋にいるコンシェルジュで引く→メタキン軍団のコインorゴルスラ軍団のコインを当てる(10連を3回くらいすればどちらか当たるくらいの確率・リセマラもOK)→レンドア北のドロシーにあげればOK。

超やくそう(やくそうとアモールの水を大量に買って錬金釜)・素材・レシピなどを購入する必要があるので、ふくびき券はガンガン貯まります。

 

ゴルスラ軍団・メタキン軍団と確定で戦えるので、経験値&ゴールド稼ぎをしましょう。ふくびき券ゲットのためにも、先にゴルスラ軍団の方が良いかもしれませんね。バトルの難しさとのバランス調整なのでしょうか。

 

確定で会心の一撃が出るヒューザの必殺技「三枚下ろし」。もちろん、まじん斬りも有効。スキルアップパネルで会心率の強化もしましょう。経験値とゴールドが2倍になる元気玉などのアイテムと併用は必ず。ちなみに、控えの仲間にも経験値は入ります。

 

オープニングのグラフィックだけ別次元で美しい

クリア後にオープニング映像を全て見たのですが、グラフィックレベルが明らかに違いますね。そして、楽しそう。ムービーだけでも、このレベルで作り直して欲しかった。

実際のゲームの二頭身デフォルメは、そこまで気になりませんでした。

 

この女性は出てきません。。。

 

MAP上のアイテムを拾う判定が厳しい。また、奥行きを見渡せない。

今作はMAPが広大で、ドルボードという高速移動出来る乗り物で移動することになります。各地をたらい回しにされるので、自然とルーラ登録が増えるでしょう(ダルかった)。

また、MAP上には青い光を放つ素材が落ちている↑↑のですが、これがすんなり拾えません。決定ボタンを受け付ける範囲が限られており、判定が厳しめ。このゲーム最大のストレスでした。

他にも、カメラの上下が動かせず、奥行きを見渡せないのも嫌いでしたね。シンボルエンカウントなので、MAPによっては敵避けが難しかったりします。

 

特別なカギの入手が遅い

この宝箱を開けるには特別なカギが必要なようだ と表示される宝箱が序盤から各地で登場するのですが、、、それを開けるカギの入手タイミングが遅いのが気になりました。

 

メギストリス城の宝物庫で受注出来るカギ師たちの挑戦状で、やっと解禁。とうぞくのカギの入手に至るまでが長い長い……

 

クリスタルハンドを倒す必要があるのですが、分かりにくいし分からない(地中ゴーグルを装備すればOK)。なお、宝箱の中にはスキルアップパネル金があるので、やはりとうぞくのカギは入手する必要があるでしょう。

 

所持品がすぐいっぱいに。かばん拡張がキツイし面倒くさい

リザードマンが強すぎた

所持品に限りがあり、すぐに上限に達してしまうんです。なので、「ウワサのどうぐかばん工房」というサブクエストでかばんを拡張する必要があるのですが、、、これがなかなかのストレスでした。これ以上持てない、と表示されるようになったタイミングで必要な素材を持つリザードマンに挑んだものの、マジで全く歯が立たず。。。

しかも、倒しても落とさないことも多い。何回も倒してやっと落とすような。

 

あらくれリザードも強かったなあ。。。

 

しかも、商品を注文してその材料を集めた客に対して、他の客への配達を頼んでくるトート君……。いやいや外注しろよ。チャゴス王子より図々しいやろ、と。個人的に、今作を(悪い意味で)象徴するおつかいクエストでした。

 

カジノが厳しい

コインを1000枚しか購入出来ないので、あとはカジノ内で増やす必要があります。たまたまスロットで大当たりを出せましたが、効率はシリーズ作品の中で最も良くない印象。大当たりを出してテンションを上げたり、はぐれメタルのリールが当たらないと、貰えるコインがアップしません。

 

ポーカーのダブルアップも、今作は厳しい。ビンゴは時間的に長く効率が悪い。ルーレットはリマスターされてなくて画質が悪い。というのが個人評です。VIPルームに行ってからが難しかった。

 

エロも

ブログのためとは言え、トリミング頑張ってまで何しよんやろ……ってなりました。。。

 

フウラのサブクエスト「人形たちのラグナロク」が面白かった!(ネタバレ注意)

フウラの部屋にあったぬいぐるみたち。喋りだした彼らはヴァルハラの戦士を名乗ります。仲間を集めて、世界の均衡を取り戻しましょう!

 

怪獣プスゴンも再登場。良いキャラしてます。

 

ヴァルハラの戦士たちが集まり、完璧な配置に。この美しい配置であれば、調停者オーディンも手出しは出来ないとのこと。

オチが面白かったですね笑。良い表情の調停者オーディン……。

 

せっせと片付けるフウラ。フウラのおかげで、不満だらけのこのゲームは面白かったとも言えます。クリア後は、新しい見た目装備が可能に。

職業クエストがマジで面倒くさい(上級職だけで良いと思う)

サブクエストには二種類あります。おつかいやお願いを聞いてアイテムを貰う定番のものと、職業に応じて装備や技を得られるもの。どちらも面倒っちゃ面倒なのですが、後者が本当に面倒くさかったです。

ザコ敵を倒しまくってアイテムドロップを祈るような内容が本当に多く、その割に得られる報酬が割に合わない、みたいな。

 

個人的には、上級職だけで良いと思います。と言っても、バトマスも試練のバングルを装備してデッドペッカーを素手で倒すのは本当にキツかった(命中率が1~2割くらい)。他のキャラでダメージを調整して、最後に主人公が倒せばOK。

 

超大型拡張DLC眠れる勇者と導きの盟友 オフライン』2023年春に配信予定……??  

前述したように、クリア後に不満が残る内容になっています。レンダーシアに行けそうで行けない。デラックス版ならば2023年発売のDLCも入っているそうですが、どちらにしても今はプレイ出来ないわけで。これを知らずに僕は通常版をクリアしたので驚きました……。デラックス版ならば尚更です。今、買う理由はないと思います。

 

ただ、価格が4400円(税込)……?? 通常版に無料で追加するんじゃないのか……。そもそも、なんで2023年に発売しないの……?? DLCを購入するか悩ましい価格とゲーム内容という……。

 

その他・小ネタ

ドラクエ11でハンフリーと一緒にいた奴では

 

ジャミラス

 

500年前に戻っても勇者行為をする主人公。現世に戻った時に悪い影響が出て欲しかった笑。

 

発売前に話題になったニュースで、近藤春菜さんが声優を演じたキャラ:フルッカがこちら。上から目線で偉そうになってしまいますが、センスを感じるというか、もっと上手くなることがわかる演技でした。おばさんキャラの声がぴったり。

旅人の宿屋にもそっくりのキャラが

 

カニがかわいそう

 

構図的に美しい。このまんまで良かった。

 

声優一覧

ヒューザ:島崎信長

マイユ:遠藤綾

フウラ:白石晴香

ダストン:伊藤健太郎

ラグアス:黒沢ともよ

 

アバ:くじら

シンイ:小林沙苗

ヒメア:能登麻美子

ガルミィ:引坂理絵

エルジュ:山下大輝

ルッカ近藤春菜

女王ディオーレ:渡辺美佐

王メルー:石住昭彦

オーディス王子:石川界人

セーリア:田中美海

キャスラン:福沙奈恵

ソーミャ:大和田仁美

キャット・リベリオ:鶴岡聡

ジェニャ:白石涼子

アロルド:増元拓也

賢者マリーン:田村聖子

英雄フォスティル:斎賀みつき

プーポッパン王:小形満

ナブレット団長:古川登志夫

アルウェ王妃:こおろぎさとみ

ニコロイ王:佐々木睦

領主タケトラ:武虎

アグシュナ王妃:井上ほの花

ウラード国王:木村雅史

ラミザ王子:落合福嗣

ドゥラ院長:菅沼久義

怪盗ポイックリン:水橋かおり

ポツコン:葉山翔太

ルナナ:ブリドカットセーラ恵美

悪魔ザイガス:木内太郎

妖魔ジュリアンテ:行成とあ

クァルバナ:荒井勇樹

怪獣プスゴン:吉野裕行

魔軍師イッド:魚建

冥王ネルゲル:近藤隆

などなど

 

クリア時間・クリア後

ストーリー仕立てのサブクエストは積極的にこなして、約50時間ほど。クリア後にはセーブデータに★がつきます。ふっかつのじゅもんで、オンライン版に引き継ぎ可能だそうです。

また、クリア後は、仲間の会話内容がレンダーシア関連のセリフしか表示されなくなります。悲しい。

 

クリア後にセリフが変わった数少ないキャラのエルジュ君。

 

キャラの育成・バトルの攻略・立ち回りなど

主人公(バトルマスターを推奨したい)

すてみ・はやぶさ切りor天下無双・テンションブースト・ギガブレイクなど

テンションが50%あればテンションブースト→ギガブレイクを連発出来るので、(バイキルトやすてみ・鉄甲斬などのバフ・デバフ事前にしておけば)全てのボス・ザコ敵を倒せるでしょう……というか、この方法じゃないと火力不足でバトルが面倒くさそう。単体では天下無双の方が会心が出るので強いかも。

最初に武闘家を選んだのですが、やっぱ魔法戦士にしたかったなあ……とうじうじ考えながらプレイしていましたが、これで良かったですね。仲間が育つに連れて、火力不足の問題に直面します。というか、みんな補助が多い。バフ・デバフは揃ってるけど、純粋なアタッカー不足になりがち。なので、バトルマスターをおすすめします。

 

片手剣二刀流で、はがねのつるぎが最終装備でした(これ以上強い装備をレベル的に錬金出来なかった)。

 

マイユ

攻撃力アップのクイーンオブハートがテンション25%で発動出来ますし、氷結らんげきorタイガークロー・ハッスルダンスで立ち回れます。また、ぱふぱふ・おたけびは大半のボスにも効くので超おすすめスキル。やいばくだきも使える。ヒューザと共に超やくそうで回復もよくしてました。

 

ヒューザ

かぶと割り・鉄甲斬・真やいばくだきが基本でデバフ担当。とうこん討ち・まじん斬り・すてみ・クリティカルアーツなども使えます。序盤の攻撃担当から、終盤は火力不足で攻撃補助に。どうしても斧を外せなかった。

 

フウラ

夢幻の風・あんこくのかぜ・精霊の風・ティンクルバトン・キラキラポーン(呪いのガード)・バイキルト(レベルで覚える)・おいかぜ・いなずま(麻痺)・れんごく火炎など、このゲームで最も出来ることが多い超有能キャラ。

あんこくのかぜをスキルアップパネルで強化してマヌーサも入れるようにしましょう。

 

ダストン

バイオシン・ハッスルダンス・どうぐ範囲化術・ルカニポンコツなでなど、序盤で大活躍してくれましたが、、、ヒューザがすてみと鉄甲斬、マイユがクイーンオブハートとハッスルダンス、フウラがバイキルトを覚えるので、序盤だけの活躍でした。

レベルアップ時に「役に立ちませんよ!」と言うのですが、本当に役に立たなくなるのは悲しかったですね……。

 

ラグアス

ベホマラー・ティンクルバトン(テンションを渡す)・スクルトなど。加入時期が遅かったのが使わなかった理由ですね。

 

仲間の見た目装備2種類の入手方法など(ネタバレ注意)

ヒューザ:牡丹の紋付きはかま/ゆるしてほしいのニャ

60:ネコババはダメなのニャ

61:ネコにゴハンなのニャ

62:ネコかぶりでGOなのニャ

63:借りてきたネコなのニャ

64:ネコの手も借りるのニャ

キャット・リベリオ関連のサブクエストのクリア報酬でした。

終わり方が良かった

ヒューザ:キャプテンマント/魚コイン3000枚

 

フウラ:古代魔術のほうい/人形たちのラグナロク

65:ニーベルの指輪を探せ!

66:ヴァルハラの戦士たち

67:復活の三賢人

68:ニブルヘイム・サガ

69:神々の黄昏

フウラの部屋(ヴァルハラの館)のサブクエストのクリア報酬でした。前述しましたが、このサブクエストが一番好き。おすすめ。

フウラ:おとぎの森セット/魚コイン3000枚→交換するためには、効率良くやっても2時間くらい釣りをする必要があるかも。

 

ダストン:整備士の服セット/動き出した時間

55:いにしえの皇子

56:憎しみは時を超えて

57:カルサドラの赤き計略

58:終わりを告げる者

59:託された希望

魔神兵から登場したビャン・ダオ関連のサブクエストのクリア報酬。ダストンとチリが好きになる良いサブクエスト。

ダストン:グロリアスコート/ちいさなメダル10枚

 

ラグアス:月光蝶の夜会服/栄光に隠された闇

116:王子の見た悪夢

117:亡霊は眠らない

118:英雄の足跡

119:消えない恨み

120:500年の復讐

メギストリスの歴史と英雄フォスティルを知るサブクエスト。こんなんばっかりやな、って感じの構成でした。

ラグアス:トナカイスーツ/カジノで3万コイン交換

 

マイユ:バトルドレスセット/ランガーオ村の王者

89:雪山の探索

90:村の聖地

91:村王の決意

92:戦いの呪縛

93:死神の審判

ランガーオ村を救うサブクエスト。マイユの故郷という会話があるのに、マイユがイベントに全く出てこず。本当にただの作業で面白くなかった。

マイユ:夜桜浪漫セット/カジノで3万コイン交換

これで全部だと思います

まとめ

MMOなどのオンライン前提で作られたゲームをオフラインで発売するのは難しい、とわかりました。気になった点は多いのも事実ですが、、、個人的にはフウラのサブクエストで笑えましたし、ドラクエをプレイしている実感もありました(感覚的には7に近い印象)。何より、今作の改善点は11に活かされていることがわかったのでまあ良いのかな、と。プレイしながら、「11ってやっぱり凄い作品なんやな」と常々感じたのも確かです。

ただ、ゲームそのものは特に新しい要素がないですし、ストーリー未完で通常版を発売するのはどうなのかな、と(オンライン版に繋げたい意図があるとは言え)。追加DLCが入ったデラックス版を発売するタイミングにしても、2023年に発売して欲しかったですね。

なので、「今は別に購入しなくて良いんじゃないかな」というのが個人的な考えになります。もちろん人それぞれの基準がありますが、購入するならば追加DLCがリリースする2023年春がおすすめかもしれません。

→気になる方は、オンライン版の体験版をプレイしてみることをおすすめします(コメントありがとうございました

 

関連記事

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com