僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【福岡県在住】問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

エルデンリングは神ゲーでもクソゲーでもなかった【初心者が囚人でクリアした感想】

f:id:momotoyuin:20220319130314j:plain

【2022年9月5日 「ELDEN RING」のギャグ漫画が連載開始! など追記・更新】

2022年2月25日に発売したPS4, PS5, Xbox One, Xbox Series X|S,  Steamソフト『ELDEN RING』。フロムゲー初心者が、気合いでクリアした感想・評価になります。一部の項で、ネタバレ注意です。

 

ELDEN RING(エルデンリング) とは

フロム・ソフトウェア完全新作となる『ELDEN RING(エルデンリング)』は、本格的なダークファンタジーの世界で、圧倒的な未知と脅威を探索するアクションRPGタイトルです。

www.eldenring.jp

ジャンル:アクションRPG

プレイ人数:1人~4人

CERO:D

具体的なゲームの紹介↓↓

 

クリアした感想・評価

公式サイトのTipsが……

ゲーム序盤のTips

『ELDEN RING』をプレイいただいている皆さん、誠にありがとうございます。この記事では、ゲーム序盤に役立つTipsをご紹介します。

フロム・ソフトウェアの作品は、何度も死ぬことが前提の高難易度ゲーム「死にゲー」と呼ばれることが多いです。しかし今作は、発売前から非常に話題になったこともあり、フロムゲー初心者の方も多くが購入したと思われます。

なので、公式サイトにも「ゲーム序盤のTips」という項が設置されていました。しかし、これが酷い。と言うのも、大まかな流れを説明するだけに留まっており、初心者にはほぼ参考にならないからです。悲しいですが、公式は初心者に対して何も理解していないな……と感じました。

 

生命力を上げてHPを増やす、筋力を上げて攻撃力を高める、知力を上げて魔術の威力を高めるなど、自分好みにキャラクターを成長させましょう。

特にこの部分↑↑

自分好みのキャラクターと言っても、どんなタイプがいるのか、各々のキャラは何が強みなのか、そして育成はどうしたら良いのか。結論から言えば、クリアするには育成に関する知識が必要です。具体的には、物理攻撃に特化したキャラや、魔術に特化したキャラなど、最初に選んだ素性を理解して、ステータスを上手に振り分けていく必要があります。

 

f:id:momotoyuin:20220318183708j:plain

事前知識が全くなかった僕はなんとなく密使を選び、ツリーガードに一発で殺され、最初の教会にも行かず海岸をさまよい、祈祷と魔術の違いもわからず……といった具合でした。敵と遭遇するとだいたい殺されるので、各地の祝福を解放するだけ。メリナと出会って円卓に行くのも時間がかかりました。

フロム信者の友人も言っていたのですが、ゲーム内の説明が少ないので誰かに教えてもらうのが一番良いと。10時間くらいプレイしてやっと公式Tipの言わんとすることが理解出来ました。言葉だけでなく経験的にも納得した上、魔術を使わない攻略に面白味を感じなかったこともあり、密使→囚人にして改めてやり直すことに。

 

フロムゲーの面白さは、過程を正当化する勝利にこそあった

f:id:momotoyuin:20220318183858j:plain

かぼちゃ兜の狂兵を倒せたことは、個人的には成功体験に近い感じでした。

育成や戦術の自由度が極めて高いので、強いボスに勝てれば「育成は間違っていなかった」と、過程を正当化することが出来るんですよね。相手を把握して、様々な手段を講じる過程が楽しいのも、やはり勝ってこそ。ただ、その「勝つこと」が難しい。それでも勝ちを積み重ねることで、プレーヤーの心を満たしてくれます。この辺りのバランス調整はさすがです。

僕の場合は、フロム信者の友人がいたこともあり、せっかくならば面白さを理解だけでもしよう。理不尽だからクソゲーと言うのではなく、面白さを理解した上でクリアして、自信を持ってクソゲーと言いたい、という意気込みで今作をプレイしました。ちなみに、『ダークソウル3』と『SEKIRO』は挫折しています。

 

暗い世界観。オープンワールドの面白さはなく、街も人もいない

f:id:momotoyuin:20220323220641j:plain

一応オープンワールドゲームではありますが、僕が考えているオープンワールドの面白さはあまりなかったです。具体的には、景色の美しさですね。目の前に広がっている景色に行くことが出来るというわくわく感が魅力ですが、基本的には暗い世界観で統一されているので、感動するような景色・グラフィックの美しさなどは(他作品と比較して相対的には)なかったです。

また、NPCはいますが、敵と区別がつかずに攻撃してしまうことも。友好的だったキャラが激ギレして襲ってくるので、ある意味では面白いです。自由度が本当に高い。

f:id:momotoyuin:20220318184614j:plain

美しい景色やな……と思えたのは、画家の絵描きのボロ家だけです。絵描きの視点に建てるような絵画が特に好きでした。

 

ズルしても勝てば良い、という倫理観は面白い

この方の動画が顕著と言えるかも

「死にゲー」「難しい」「クソボスばっかり」

そういった評判は否定出来ないですが、攻略の抜け道が数多く用意されている点も評価したいポイントです。例えば、動画のようにボス戦と対面せずにダメージを与えたり。どうしても勝てない、と思っていても、なんとかなるような裏技的な攻略法があったりするもの。遊びココロを感じるんですよね。

別に正々堂々やる必要はなく、とにかく勝てば良いという倫理観は個人的には好みでした。

 

基礎が最重要! 十字キー操作を覚える必要あり

f:id:momotoyuin:20220318182832j:plain

基本的に敵の攻撃は致命傷になるので、バトル中は緊迫感があり、操作が忙しいです。十字キーで武器の切り替え・回復アイテムの聖杯瓶の切り替えと使用。

ボス戦が顕著なのですが、わずかなスキが命取りになります。敵が強くなれば0.1秒を争うので、コントローラーの操作は確実にしておきたいものです。あと一発で倒せたのに操作ミスで負ける……みたいな事態は頻発しがち。

ボスが強いから倒せないということもありますが、正確な操作が正確なタイミングで出来ないから負ける、ということも大きな要素として今作にはあると感じています。

 

初見殺し・酷い部分は多い

f:id:momotoyuin:20220316192752j:plain

育成が上手くいき、ゲームが面白くなっても、やっぱり理不尽やな……と思う部分はありました。画像は、オルディナという街を攻略中に、透明な敵から致命の一撃を食らっているところ。よく見ると、近づいてくる時に足跡が見えるのですが、気を取られるのは確かです。

 

f:id:momotoyuin:20220316193101j:plain

ボスよりも雑魚敵の方が殺意が強い。ザコ敵に遺灰を使うことは出来ない場合が多かったと思います。このゲームは、数的優位が顕著。

 

f:id:momotoyuin:20220318183331j:plain

こいつがマルギットじゃないの? と最初に思った巨人。

 

f:id:momotoyuin:20220318183424j:plain

血の指の狩人、ユラ。事前知識も何もない時に、訳も分からず何回も殺されました。侵入してきても慌てずに対処することが大切です。

 

f:id:momotoyuin:20220318183601j:plain

フィアに抱きしめてもらうことは大きな癒やしでしたが、、、その都度貰えるアイテム「帷の恩寵」がくせ者。持ってるだけでHPの下方修正が入るので序盤の大敵でした(酷い・悲しい)。

 

f:id:momotoyuin:20220318192057j:plain

王都ローデイルもそうでしたが、エブレフェールは本当にキツかった。雑魚敵があまりに強すぎて、祝福にたどり着けずに死ぬこと多数。

 

ルーン稼ぎの作業がダルすぎ

f:id:momotoyuin:20220316193306j:plain

この作品を神ゲーと評せない部分の大部分がこれです。初心者はレベルを上げるために、ルーンを稼ぐ作業が数時間単位で必要になるでしょう。効率的なルーン稼ぎ方法は攻略情報として拡散していますが、それでも作業には変わりないわけで。

3、4時間~くらいは最低でも必要かもしれません。

 

ストーリーの考察しようがないほどの描写不足(ネタバレ注意)

ストーリーを楽しむゲームではない、と信者の友人に言われていたのですが、まさにその通りでした。フロムソフトウェアの過去作をプレイしていれば、異なる解釈になるかもしれないのですが……初心者は訳のわからないことが多いでしょう。

 

f:id:momotoyuin:20220316192021j:plain

セローシュってこのライオン? 急に知らない単語が出てくることが多く、とにかく説明や文書がない。

 

f:id:momotoyuin:20220316193244j:plain

この生物はなんなんや……という疑問が残ったままこの記事を書いています。

 

f:id:momotoyuin:20220318185454j:plain

二本指。崇拝の対象になっています。二本指ってそもそも何? と思っても、具体的にゲーム内で説明がないので、なんとなく輪郭を掴むだけに留まります。

 

f:id:momotoyuin:20220318190300j:plain

f:id:momotoyuin:20220318192630j:plain

f:id:momotoyuin:20220318192825j:plain

f:id:momotoyuin:20220318193054j:plain

最後の王、最初のエルデ王、エルデの王、新しい王、王の器………とにかく王ばっかり。あまりにも王が出てくるので、きっと王にも序列があるんでしょうね。ドラゴンボール界王神を思い出していました。

小出しにされて気になる方とそうでない方がいると思います。僕は構成美を感じるシナリオが大好きなので、あまり好きじゃなかったです。

 

フロムゲーっぽい世界観がわかる

f:id:momotoyuin:20220316192409j:plain

棺桶が置いてあって、自ら入るとシナリオが進む展開が何度かありました。なにこれ?? と思ったのですが、ダークソウルでもあったみたいですね。

 

f:id:momotoyuin:20220318184545j:plain

デカすぎるドラゴン

 

f:id:momotoyuin:20220318184549j:plain

円を囲む人たち。神秘性というか、変な魅力がありました。

 

f:id:momotoyuin:20220318184651j:plain

掲げることでストーリーが進みます。

 

f:id:momotoyuin:20220319000653j:plain

めちゃくちゃ強そうなボスで、どの部分に攻撃の判定があるのか最初はわからない状態でしたが、、、そのうち慣れてしまいました。どこに攻撃するかよりも、敵の攻撃を

f:id:momotoyuin:20220318190347j:plain

酷い顔

 

f:id:momotoyuin:20220318190752j:plain

ええ……と引いてしまった火の巨人。

 

動物がやけにリアル

f:id:momotoyuin:20220318183126j:plain

 

f:id:momotoyuin:20220316193110j:plain

 

蟻(気持ち悪すぎる。画像を掲載すると、Googleにお咎めされそうなので控えます。ちなみに、バイオ8のイーサンの切断された手を掲載したらGoogleから違反メールが来たことがあります笑)

 

鍛石7マラソンがキツかった

f:id:momotoyuin:20220318192206j:plain

f:id:momotoyuin:20220318192219j:plain

個人的に、最も入手が難しかったアイテム。敵のドロップを狙う機会はそこまで多くはない。アップデートで改善されたのかな?

 

オンラインが好きには神ゲーらしい

オンが基本のフロム信者の友人の発言です。闇霊なども気にする必要があるとか。アップデートがある度に阿鼻叫喚していますね笑。

 

マルギット戦にすべてが詰まっている

f:id:momotoyuin:20220316194011j:plain

何も事前知識がない状態で臨んで、案の定ボッコボコにされました。1回の攻撃でHPの8割を持っていかれるので、これは無理だと。でも、やめるにしても、こいつに勝ってからやめたいな、と思い、前述した通り囚人にしてやり直しました。

 

f:id:momotoyuin:20220318184042j:plain

しっかりと攻略情報を勉強してステ振りして、クラゲのクララを召喚して、魔術師と一緒に攻撃を受けさせる。遠く離れた場所からちくちく攻撃していたら勝てました。

f:id:momotoyuin:20220318184201j:plain

準備に時間をかけすぎたせいか、達成感がなかったのが悔しい。

今思えば、遺灰+NPCを召喚すれば、好き放題やれるボスだとわかります。上級者の人は、遺灰は甘え とか言いそう(それは縛りプレイなので、もちろん無視してOK。でも、クリア後は甘えの意味もわかるほど強い)。

何もわからない状態で臨めば、強すぎるボス。ですが、情報や対策をしていれば、強くても倒せるボス。そういった意味で、素晴らしいボスキャラだと感じました。



f:id:momotoyuin:20220318184310j:plain

この勢いのまま乗り込むぜ! と思ったら、ストームヴィル城のザコ敵に歯が立たず……。後回しにしてリニーニエに行くことに。

 

f:id:momotoyuin:20220318184430j:plain

これで全てが変わった。アップデートで修正されて涙した人もいるはず。

 

アップデートの度に難易度が変化する

アップデートで強かった戦技が修正され、新たに強くなった戦技が修正され……ということを繰り返すことがあるようです(友人談)。オンラインがメインの人は新しい刺激になって良いかもしれませんが、、、。

個人的には、霜踏みが弱くなって寂しい気持ちがありました。

 

初心者に囚人をおすすめ出来る理由

あくまで初心者向けですが、理由は主に2つ。

  • 素晴らしい攻略記事があるから
  • 魔術と近接攻撃のいいとこ取りを出来るから

game.watch.impress.co.jp

参考にすることである程度進めることが出来ます。生命力の項は参考にならないのでアレですが、それ以外はその通りに育成すれば上手くいきます。

具体的には、

  • 最序盤に隕石の杖を取る
  • 黄金の種子を集めるだけ集める
  • 名刀月隠を目指すステ振りをする

 

f:id:momotoyuin:20220319000804j:plain

f:id:momotoyuin:20220319000743j:plain

名刀月隠は、1対1に滅法強いです。鞘に収めてからのモーションもカッコいいですし、ロックオンすれば射程距離も良い感じ。相手を怯ませる可能性が高く、ずっとこちらのターン! が実現出来ることも少なくないです。

 

ポーチと盾はそこまで使わなかった

盾を使えんとガードカウンターが出来ないから辛いよ とフロム信者の友人に言われていたのですが、操作が一つ増えるので個人的には一長一短かなと思います。結果的に、ローリングのタイミングが上手くなりました。

f:id:momotoyuin:20220318183310j:plain

 

僕がしたステ振り(育成の具体例)

f:id:momotoyuin:20220316192536j:plain

攻略記事の通りに進めた後、この記事を書いた人は初心者をわかってないな……と思い始めたのは生命力の項。~40までぐんぐん伸びるので、一気に振っても良いと思います。最終的に、僕は60まで上げました。

 

f:id:momotoyuin:20220316191443j:plain

知力を上げるよりも、持久力を上げてラダーン装備などを整えた方が死ぬ確率を減らせると考えるように。そこで、防御力を上げました。魔術を捨てて、霜踏み+月隠+盾(写し身に使わせるため)をメインに。

 

f:id:momotoyuin:20220316194202j:plain

溶岩土竜に勝てない……詰んだ……と思っていたのですが、ロックオンをする・攻撃を避ける・溶岩を避けることでパターン化。なんでこのボスに苦戦していたんだろう……とクリア後には思ってしまうから不思議。

 

f:id:momotoyuin:20220318185433j:plain

遺灰を使う・大ルーンを使う・武器を強化するなど、強くなるための手段が非常に多いのもポイント。特に大ルーンの恩恵は大きかったですね。

 

f:id:momotoyuin:20220318183750j:plain

f:id:momotoyuin:20220318192352j:plain

聖杯瓶の強化は最重要でした。回復アイテムはあればあるだけ良い。

 

f:id:momotoyuin:20220318192730j:plain

f:id:momotoyuin:20220318192726j:plain

武器職人にはお世話になりました。

 

強かったボスランキング

f:id:momotoyuin:20220318190848j:plain

1位:宿将ニアール……ニアール本人というより、お供2体を召喚するので数的不利になるのがキツすぎました。攻略動画も参考にならないものばかりで、結局は写し身がなければ勝てなかったと言えます。

 

f:id:momotoyuin:20220318185224j:plain

2位:竜のツリーガード……岩の影に隠れて魔法でチクチクしてハメる方法も試したのですが、全然ダメ。雷の範囲攻撃が強すぎる。ストームヴィル城を攻略する前に来ていたので、タイミングも悪かったと思います。結局、犬による腐敗毒で逃げ回って勝利。

 

3位:マルギット……強いというか、このゲームにおける重要な存在なのでランクイン。後半は、マルギットを強化したようなボスが多かった印象です。

 

f:id:momotoyuin:20220318190444j:plain

4位:火の巨人……探索していたら勝手にバトルになり、唖然としました。第二形態の火を確実にかわす手段が見つからず、最終的には落下させて倒しましたね。

 

f:id:momotoyuin:20220318185619j:plain

f:id:momotoyuin:20220318185707j:plain

5位:レナラ……ローリングするにしても、逃げるのではなく、前に飛び込む勇気が必要だと学びました。また、野犬3体を召喚したことで、魔術を詠唱する前に1匹が噛みつき怯ませるというハメ技も。数的優位を作ることが重要で、ボスごとに対処法が異なる点は面白いですよね。

 

f:id:momotoyuin:20220318192512j:plain

6位:マレニア……腐れ! というセリフが印象的。兄弟に懺悔していましたが、誰のことなのかさっぱり。この時には完全にバトルのコツを掴んでいたので、1回しか死ななかった。

 

f:id:momotoyuin:20220318192914j:plain

最もストレスだったのは落下死です。落ちてもダメージを受けたりそうでなかったり即死だったり。最後まで判定の基準がわからないままでした。あと、蟻がキモすぎた。

 

f:id:momotoyuin:20220318193207j:plain

エルデの獣は、もののけ姫のシシ神様の中身を想起させました

 

クリア時間

f:id:momotoyuin:20220316190434j:plain

67時間くらい。ルーン稼ぎは4時間はしたと思います(しすぎた)。残りはボス+溜まったルーンです。

 

二周目に突入する理由がわかった

一つは、異なるエンディングが見たいから。エンディング前からやり直せないのは個人的には残念でしたが、違うエンディングを見たくなる気持ちはあります。

そしてもう一つは、異なる育成がしたいから。僕の場合だと、一周目は霜踏みと月隠と耐久を重視したステ振りでした。でも、バトルのコツを掴んだこともあり、二周目は耐久を減らして霜踏みを止めて、アズールを使いたいな~と。星砕きの大剣も使ってみたい。

f:id:momotoyuin:20220319000555j:plain

どれだけプレイが上達しても、死ぬ可能性がなくなったわけではないですし、運悪くザコ敵に囲まれれば死亡するリスクは常にあり。感性を刺激してくるのは◎。

 

おまけ

公式グッズの発売が決定!!

f:id:momotoyuin:20220324160625j:plain

引用:Elden Ring - Fangamer Japan

あんまり欲しいのがない……笑。やっぱり自分が使った武器や魔術があると良いですね。

 

RTAが9分を切った件

RTA(リアルタイムアタック=なるべく早くクリアする)動画を見るのが好きなのですが、なんとバグや壁抜けなどを駆使して9分でクリアした方が……!! すごいので紹介。

 

最新アップデート1.04が配信

バグやモーションなど、ものすごい数の修正があります。全体的に上方修正されており、特に祈祷がアツい。神アプデとの声も多い印象です。

2022.04.19 - アップデートファイル配信のお知らせ | NEWS | ELDEN RING オフィシャルサイト

 

公式コンプリートガイドが7月22日に発売!!

狭間の地を彷徨うすべての褪せ人を “エルデの王”へと導く完全攻略本

エンディングまでのフローチャートをはじめ、アイテムの入手場所がわかるマップ、ボスの攻略方法、装備品の性能など、エルデンリングをさらに楽しむための情報が満載。

●ゲーム中では確認できない全ダンジョンのマップを収録。道中のアイテムやNPCの位置はもちろん、フローチャートでストーリーをエンディングまでサポート!
●ステータスの詳細をはじめ、各種状態異常の効果、武器や遺灰の強化といった各システムを解説。周回プレイに役立つ情報も多数掲載!
●100体以上も登場するボスの倒し方を伝授。ボスの特徴をはじめ、主な攻撃、有効な属性や状態異常を解説!
●さまざまなNPCのイベントの発生条件や出現場所、複数あるエンディングの分岐条件といった見逃しやすい情報を徹底フォロー!
●武器の全属性の最終強化パラメータのほか、戦技、魔術、祈祷のアクションを写真付きで紹介。装備品やアイテムの入手方法も網羅!

ものすごく分厚そう。。。

 

Figuarts mini メリナが10月に発売!

 

キャラクターの魅力を、手のひらサイズのデフォルメにぎゅっと凝縮。生き生きとした瞳、シンプルな可動が魅力のデフォルメフィギュアシリーズに、『ELDEN RING』より「メリナ」「狼の戦鬼」が登場!
■全高約90mm
【セット内容】
・本体
・交換用右腕パーツ
・専用台座一式

5月26日の16時~予約開始だそうです。語尾にメリがつくMODが普及していますが、個人的にはメリナさん好きです。フィギュアの発表を見たときに、ラニちゃうんかい! とは思いましたが……笑

 

メイキングセミナーの紹介

www.too.com

セミナーは、ゲーム・アニメ・CG・映像制作に携わる⽅や興味のある⽅、または制作に3DCGツールの導⼊をご検討中の⽅々を対象に、 Autodesk製品を中核とするゲーム制作フローをご紹介するセミナーです。~中略~

日時 2022年7月8日(金)LIVE配信 16:30-18:00

講師:小川 啓一郎氏

ウェビナー内容

「ELDEN RING」のグラフィックデータ制作を通して見えてくるフロム・ソフトウェアならではの「こだわり」を中心に、今まで多く語られる事がなかった開発秘話を交えてご紹介します。CGの専門知識が無くても楽しめる内容ですので是非ご覧ください。

興味のある方はぜひ!! 詳細はHPを見てください↑↑

 

アートブックが発売!

発売以来、圧倒的な世界観で世界中のプレイヤーを魅了し続ける『ELDEN RING』。その広大かつ多彩なフィールド、探索へいざなう巨大なダンジョン、恐ろしくも美しいエネミー、そして武具――徹底的にこだわりぬかれたアートワークの数々が、狭間の地での記憶を呼び起こす。ファン必見の公式画集が2冊同時発売!

 

ギャグ漫画が連載開始!

comic-walker.com

素寒貧で狭間の地・リムグレイブへ放り出された褪せ人・褪夫(あせお)。狭間の地の過酷さに心が折れかけた褪夫は、謎の少女・メリナに取引を持ちかけられ、祝福の導きに従って黄金樹を目指すことに。褪夫の行く手には次々に個性豊かすぎる人物たちが待ち受ける。フーテンのパッチ、半狼のブライブ、忌み鬼マルギット、接ぎ木のゴドリック、そして魔女ラニ……。命からがらリムグレイブを旅する褪夫は、当面の目的地・ストームヴィル城にたどり着けるのか--!?

世界累計1660万本突破(2022年6月末時点)の大ヒットアクションRPG『ELDEN RING』を『邪剣さんはすぐブレる』の飛田ニキイチが禁断のコミカライズ!!

こちらのサイトで閲覧可能です。

 

まとめ

ゲーム内での成功体験を提供する、という点において、これほど素晴らしい作品は他にないのかもしれません。NPCイベントも面白かった。ただ、やはり事前知識がすべてですね。チュートリアルだけではとても足りない。

なので、今回は面白かった止まりですが、次回作をクリアした時には神ゲーと評している可能性があります。そのくらい、フロムゲーにおける理解・知識次第だと感じました。

また、高難易度ではありますが、攻略法が無数にあり、各々の個性によって打開出来るのは面白く、遊びココロにあふれている点も好きでした。ただ、高難易度だからと言ってクソゲーと評するのは間違っていると考えています。クリアするのに多大な勉強が必要だったからクソゲーと言われれば、共感はします笑。

初心者におすすめ出来る作品なのか? と問われたら、出来ません、と答えます。

www.momotoyuin.com

 

 

関連記事

www.momotoyuin.com