僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【月間15万PVに感謝/福岡県在住】「学び」「本」「旅」「彼女とのやり取り」。問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

【ブログ】下ネタを書いてわかったメリットデメリット

åããè¶ã®éã®ã¤ã©ã¹ã

今月、なんと月間50万PVを達成しました……感謝の気持ちでいっぱいです(少しの恐怖&責任も)! そろそろブログについて何かを還元できるかも……と考えており、まずは下ネタを書いてきてわかったことを綴ってみました。

 

 

あらすじ

ビギナーズラック

www.momotoyuin.com

去年の僕は何を思ったのか、自分のけつ毛の歴史について記事を作成しました。

生えてきた経緯から現在までの流れです。これが思いの外、評判とアクセスが良かった記憶があります。読まれたことで調子に乗り、関連記事を作成してしまった形で、このブログの下ネタがスタートしました。

 

タイトルは下ネタ、中身は真面目な解説

www.momotoyuin.com

chinポジ調整に違和感を感じて書いた記事。考察すると、chinchinよりもtamabukuroのポジショニングが問題だと気付いたんですよ。密着性があり太ももにくっつくので、今でもよく剥がしています。剥がさないと挟まって痛いんです。

旦那さんや恋人がchinchinを頻繁に触って恥ずかしい……という方にも向けて書きました。

 

SmartNewsにも

www.momotoyuin.com

改めて、本当にくだらないタイトルですねこれ……マジでくだらねえ……笑

爆発的なアクセスがありました。この経験から、下ネタは潜在的な需要があるな、と確信を持ちます。ただ、文章には気を遣いました。こういうエッセイを書けるんですよ~というアピールの手段として下ネタを利用した形です。この時期に、GoogleAdSenseやAmazonアソシエイトの申請も通った記憶があります。なので、この程度の下ネタは問題ないと経験から言えます。

AdSenseのポリシー違反は後半に。

 

アクセスが激増

検索をしたのに、欲しかった情報が得られない時があると思います。

中でもイライラするのは、中途半端にまとめただけの「N⚫VERま⚫め」が上位に表示されている時。読みにくい上に全くまとめられてないっていう。サイトパワーが強いだけで、網羅性に乏しい記事が本当に多いです(個人的な偏見)。

www.momotoyuin.com

ananに関しては、sex特集を近年だけちょろ~っとまとめているだけで本当に腹立たしかったですね。なので、しっかりと下調べ&調査した上で私見を加えて丁寧に書けば、Googleは応えてくれると感じています。

 

下ネタから健康啓発へ

www.momotoyuin.com

最近うんこを漏らしたのですが、実は健康の尊さを日々感じている方向けに書きました。捉え方が異なる感想を多く貰えたので、本当に感謝です。こんな感想をいただいたら、やっぱりまた書きたいって思っちゃいますよね。

うんこを漏らす事が出来るのは、正常にうんこが作れて、排便する事が出来るという事です。うんこを漏らした事からも「命とは何か、生きるとはどういう事か」を学ぶ事が出来る。それが「大人になる」という事ですね。

id:bonyoh)さん/無知の知菴 〜悪性リンパ腫罹患者の日常〜

 

 

メリット

f:id:momotoyuin:20180921215818p:plain

 

表現力が養われるかも

局部の写真はもちろん、具体的な言葉をそのまま使う直喩は好ましくないと考えます。そこで、隠喩・換喩・提喩などを使っていくことになります。また、下ネタを書くからには共感が前提で、その上、役立つ情報や笑いが必要です。ただの変態になるわけにはいかないので、構成も考えなければならないのです……!

たかが下ネタ、されど下ネタ……なのかもしれません

 

カテゴリーに直接アクセスされる

下ネタ注意 カテゴリーの記事一覧

最近になって、検索からアクセスがあって驚いております。カテゴリーって大切なんだな~と。断言出来ないですが、カテゴリー名を特徴的なものにすればアクセスが増えるかもしれませんね。さらに言えば、自ブログの中でもSEOに強いカテゴリーとそうでないカテゴリーがある印象です。

 

みなさんが寛容

これは本当に感じております。現実とネットで比較してみると

  1. 現実で 初対面で 下ネタを言う人
  2. ブログ上で 初めて見た記事で 下ネタを書いている人

1と2は同じようで全く異なります。僕の場合、1はまず有り得ない。けれど、2は誰かにとって常になりうるわけで。

なので、下ネタに対する価値観や考えを、ネットの方が引き出しやすいのかもしれません。 そして、コメントが本当に嬉しいです。

「デメリット:電話が恥ずかしい」も参照。

 

記事の消費期限は長い

情報の価値としての側面で考えると、速報性は求められません。ですが、比較的長く読まれる気がします。ただ、アクセス数は稼げそうで、そうでもありません。全体の2割くらいでしょうか。

 

GoogleAdSenseのポリシー違反から学べる

AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート】という題名のメールがちょくちょくきます。

先月か先々月くらいにアルゴリズム(?)が変更したことで、夜中の2時にポリシー違反のメールが届くようになったとか。もちろん、僕の元にも届くように。

ただ、内容を変更せずとも解除申請を送信すれば解決します。タイトルはアレですけど中身は違うんですよ、という自信があるからです。いつも感じているのは、Googleは本当に理解があり懐が深いということ。コツを掴んだので、そういった内容も後々書ければと感じております。

 

反応が怖い。でも、感謝の意が増す

これは下ネタに限ったことではないかもしれませんが、やはり特定の人にとっては不快であることも事実だと思います。自分が書きたいことを自由に書けるのがブログとはいえ、抵抗感がなくなることはないでしょう。コメントをいただくと本当に嬉しいですが、内容が内容なので少し怖さもあります。だからこそ、感謝、感謝です。

 

デメリット

f:id:momotoyuin:20180921215848p:plain

 

検索ワードが酷いことになる

どういった検索ワードで僕のサイトにたどり着いているか。調べる方法を最近やっと学びました。

Search Console→検索トラフィック→検索アナリティクス

これが、まあ酷い笑。軽度の下ネタを想定していたのですが、中には重度でコアなワードが並ぶことも(これを書けばそれこそポリシー違反)。一つ言えることは、人は「エロい」情報を23時〜に求めているのだな、と。僕も一日に一回はおっぱいについて考察しているので、それが僕だけじゃないと発覚した形になります。

 

電話が恥ずかしい

このブログに何かしらの連絡をくれる方が増えました。これは非常に嬉しいことですが、なぜか女性の方が多いんです。電話をもらった時の最新記事が下ネタだったりすると、、、あまり良くない。対応も様々で、

「僕は普段下ネタは言いませんよ!」と言っても、

「そうなんですねー(死ぬほど棒読み)」

「元々はアダルトを担当しておりました!!!」

「えっ、あっ……」

など反応が様々。間違っても、ご褒美ではありません!! 

 

清潔感を保たなければ

下ネタを書いても(言っても)許される清潔感を、現実で保つことが大切だと考えています。

 

下ネタって何なんやろ……??

ブログに書いて良いボーダーラインは、なんとなく理解しました。でも、下ネタって何やろう、、、と最近思うんです。

結婚・出産を経た友人とも話したのですが、寛容になったとも言えるし、関心がなくなったとも言えるとか。下ネタって、当然ですが健康にも直結しています。bouとかtamaとかで反応していた中学生の頃と現在では、何から何まで異なります。

また、外国人とコミュニケーションを取る時は、必須と言っても良いのではないでしょうか。共通の話題なんて限られてますしね。そう考えると、下ネタは下ネタなのかな。。。なんて考えたり。

つまり、明確な定義がわからなくなりつつあります。その意味を見出すためにも、今後も下ネタを書き続けると思います。

 

おわり

 

関連記事

www.momotoyuin.com

www.momotoyuin.com