僕の人生、変な人ばっかり!

自己紹介とタイトルの由来はidをクリック☆問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

秋芳洞の入り口や駐車場、服装・靴などの注意点をまとめました

f:id:momotoyuin:20170806231045j:plain

福岡から別府弁天池→秋吉台へ行きました。

入り口や駐車場、服装などの情報をまとめました。

 

 

秋芳洞とは

山口県美祢市(みねし)秋吉台の地下100~200m下にある鍾乳洞です。

龍泉洞岩手県)、 秋芳洞山口県)、 龍ヶ洞高知県日本三大鍾乳洞の一つであり、日本最大級の鍾乳洞です。

秋芳洞の総延長は10キロ以上になると言われているそうですが、一般公開されているものは1キロほど(HPより)。

国の天然記念物にも指定されており、スケールがとにかく大きい鍾乳洞です。

秋吉洞について-秋芳洞のご案内|秋芳洞スペシャルサイト

 

駐車場

f:id:momotoyuin:20170812181210j:plain

パンフレットより

美祢ICや別府弁天池から行くと、P2→P1を通ると思います。P1、P2ともに400円です。

しかし、P2~P1間には車に向かって手招きしてくるオバチャンが何人もいて、初めて行った方は戸惑うと思います。

オバチャンに従えば、お土産購入を義務付けられると思って間違いないです。

徐行すると、周囲には100円~300円と看板を立ててあるところが見えますが、これらは私有地の駐車場です。知り合いに話を聞くと、100円の駐車場は車を駐めた途端に、オジサンが家から出てくるそうです笑。

なんとなく面倒くさそうな雰囲気を感じたこともあり、僕らはP1に駐めました。とてつもない早口で、受付の方が秋芳洞までの道のりを説明してくれます。

P1から秋芳洞正面入口まで、徒歩10分ほどです。

   

商店街など

f:id:momotoyuin:20170806231535j:plain

f:id:momotoyuin:20170806231539j:plain

f:id:momotoyuin:20170806231031j:plain

たくさんのお土産屋さんがあります。

主は、秋芳洞産の大理石や自然石の加工品やアクセサリーです。また、萩焼や地酒などもありました。

一昔前にあった、昔ながらのお店が多いです。

全国的に見ても、この活気のなさで営業しているのは逆にすごいと思いました(あくまで僕の比較ですが)。

秋芳洞の集客力を示しています。

 

割引チケット・料金など

f:id:momotoyuin:20170806231035j:plain

入場料は1200円でした。……1200円!?

大人1200円、中学生950円、小学生600円です。

入り口は正面入口・エレベーター入口・黒谷入口と3箇所ありますが、入退場は当日限り自由です。

割引チケットは、サファリランドとセットで購入したり、JTBで前売りチケット(100円引き)を買えば安くなります。

割引クーポンのご案内/秋吉台自然動物公園 サファリランド

 

f:id:momotoyuin:20170806231118j:plain

f:id:momotoyuin:20170806231038j:plain

入り口まで歩いて行きます。徒歩3~5分ほど。 

 

正面入口

f:id:momotoyuin:20170806231045j:plain

この写真が撮りたかった!!

水量も勢いもなかなかのもので、蠢く音にテンションが上がります。

また、入り口前ということもあり、子どもが目をキラキラさせている姿を何度か見ました。

 

f:id:momotoyuin:20170806231049j:plain

f:id:momotoyuin:20170806231053j:plain

洞窟入り口の高さは20mです。(↑↑僕は174センチ)

この辺りから急に空気が一変します。

「さむっ!!」

という声が響いていました。

秋芳洞内は年間を通じて約17℃だそうです。夏は涼しく冬は温かいとHPにも記載があります。


中は足元がうっすら見える程度にLED照明が当たっています。

子どもからお年寄りまで歩いて観光できるように遊歩道が整備されています。

随所にボタン式の音声ガイダンスがあり、水の轟音と相まって賑やかでした。

f:id:momotoyuin:20170814113340j:plain

パンフレット より

 

冒険コース

入って徒歩1分すぐの場所には「冒険コース」があり、300円を入れて下さい、という箱があります。

行きたかったのですが、彼女に渋い顔をされたので空気を読みました。

冒険コースに行かれる方は、汚れても良い格好で!

冒険コース-秋芳洞必験!|秋芳洞スペシャルサイト

 

百枚皿(ひゃくまいざら)

ここまでは車椅子の方も介護者同伴で観覧できるそうです。

f:id:momotoyuin:20170806231111j:plain

f:id:momotoyuin:20170806231056j:plain

 

コウモリが……

f:id:momotoyuin:20170806231059j:plain

コウモリがいたので撮影したと思ったのですが……映ってないですね。

秋芳洞にはコウモリが棲んでいます。

匂いに敏感な方は、コウモリの糞の匂いがするとか。

受付の人に聞くと、日中から飛んでるそうです。

鍾乳洞の生きものたち-秋芳洞のご案内|秋芳洞スペシャルサイト

 

黄金柱(こがねばしら)

f:id:momotoyuin:20170806231852j:plain

記念撮影する人が多いスポット。皆が天を見上げます。

周辺にはベンチが何台か置いてあり、休憩も出来ます。

ここが鍾乳洞のピークです!

ここから先は支洞になります。

 

エレベーター入口

f:id:momotoyuin:20170812181302j:plain

黄金柱の手前に分岐点を進むと「エレベーター」があります。

エレベーターに乗り、地上に出て5分ほど歩くと、カルスト台地の展望台に着きます。

f:id:momotoyuin:20170806231241j:plain

カルスト台地が広がっています

 

黒谷入口

f:id:momotoyuin:20170812162507j:plain

3億年のタイムトンネル HPより

黄金柱からさらに10~20分ほど洞窟内を歩きます。その先にある3億年のタイムトンネルを抜けると、黒谷入り口です。

ほとんどの人は正面入り口から3億年のタイムトンネルまで歩き、引き返します。

f:id:momotoyuin:20170812181323j:plain

  

靴・服装について

秋芳洞内は環境保護の意味もあり、内部を照らすLED照明は暗めに設定されています(HPより)。

歩きやすい一本道とは言え、湿度が高く、足元は濡れています。

また、洞内の段差が大変です。手すりを持って一生懸命登るご老人を見ました。

若者はサンダルでも大丈夫かと思いますが、歩きやすい靴をオススメします。

 

前日が雨の日は、天井から落ちてくる水滴の量が多くなるそうです。

今回は前日も晴れだった影響か、一回水滴が当たっただけで済みました。

一瞬、さむ!と思いますが、その後はそれなりの距離を歩きます。クーラーが効きすぎた部屋のような寒さではありません。

秋芳洞内は年間を通じて約17℃で、夏は涼しく冬は温かい――

夏場に限っては、羽織るものは必要ないと思います。

ただ、タオルがあった方がいいでしょう。

 

所要時間と感想

黄金柱で引き返せば、30~40分ほど

3億年のタイムトンネルまで行けば、60分~90分ほど

福島県のあぶくま洞、北九州市の千仏鍾乳洞に行ったことがありますが、何から何まで規模が違いました。

自然の造形の偉大さを存分に味わうことが出来ます。

 

基本情報

公式HP

秋芳洞スペシャルサイト - 山口県美祢市観光サイト

 

(一社)美祢市観光協会 
〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
TEL0837-62-0115 FAX0837-62-0899

 

秋吉台観光交流センター 
〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
TEL0837-62-0305 FAX0837-62-1422

 

周辺情報

秋吉台ドライブ

f:id:momotoyuin:20170806231253j:plain

萩や長門市の方へ行かれる方は通ります。

 

サファリランド

秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP/山口県 動物園 遊園地

 

別府弁天池

www.momotoyuin.com

 

元乃隅稲成神社

www.momotoyuin.com