僕の人生、変な人ばっかり!

あだ名は「もも」。詳しいプロフィール・人気記事セレクションはidへ。【月間15万PVに感謝/福岡県在住】「学び」「本」「旅」「彼女とのやり取り」。問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

明晰夢を見るのをやめる方法(実践中・睡眠と頭痛改善)

f:id:momotoyuin:20180810004716j:plain

毎日夢を見過ぎて、起床時に脳が疲れるという旨の記事を以前書きました。その原因が明晰夢である可能性が極めて高いことが判明。明晰夢を見たくない人、見るのをやめたい人に向けてまとめました。

 

 

はじめに

症状を言葉にすると、「脳が疲れる」という言葉を使わざるを得ませんでした。脳自体は疲れないと言われていますが、それ以外の適切な表現が見当たらないんですよね。

先日、この「脳が疲れる」症状の方がいるとコメントをいただけたことで、状況が一変……!!

ななしさん がくれたコメントを一部引用

見た夢を記録していると、目が覚めても夢をおぼえていやすくなる=夢をよくみる。明晰夢をみると起きたときに脳が疲れていると聞きました その人は同じく頭痛もちでロキソニンを服用していました

見た夢の記録、脳が疲れている、頭痛もちロキソニン、という言葉。すべて僕にも当てはまるので、腑に落ちました。そして、明晰夢の定義をもう一度見直したことで、原因は「明晰夢」の可能性が極めて高いとわかりました。

 

明晰夢について

明晰夢とは……睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。

 

以前書いた記事で僕は

あまりに夢を見るので、明晰夢を身につけようとした時期がありますが、結局は身につけていません。

夢を思い出す行為が明晰夢を助長する、とある方に言われましたが、決して思い出しているわけではなく、書き留めているだけです。

なので、明晰夢は身につけていません。

と書いていました。 明晰夢を身につけていないと思っていたけれど、実は見ていた可能性が高いという。。。ただ、そのように書いたのには理由があります。なぜならば、一般的な明晰夢の定義と僕の実感とは少し異なるからです。また、

  • 夢のメカニズムについては、科学的にはっきりと解明されていない
  • 夢の専門家に脳波を精密に検査してもらったわけでもない

なので、あくまで仮説になります。

 

僕が見る夢の特徴

自分の思い通りにするような行動と言うより、自分だったらこのようにする、という行動を夢の中で選択しています。僕の場合、行動に選択肢はないというのが実感です。

また、夢という自覚はハッキリあるわけではないにも関わらず、脳が起きていることは自覚しています。没入感がハンパなくて、抜け出したくても抜け出せない。夢だったら醒めてくれ! と夢の中で思ったことは数知れず。その最たる例が、首をかっ切られたのに首だけの状態で意識があった時。

そして、頭痛がある状態で起床。脳内の栄養を激しく消耗したような感覚があり、脳が疲れています。

 

つまり、明晰夢の定義である「夢の中で自分を動かせている」という感覚はないんです。明晰夢初心者なのか、自己流明晰夢なのか、明晰夢の範疇から外れるのかわかりません。ただ、いただいたコメントや症状が酷似していることから、明晰夢を見ていたのだと考えるようになりました。

 

寝る前によくしていたこと

  • エロいことを考える
  • なりたい自分像のイメージ。今現在も夢を追っています。特に20代前半の時は自己実現自己啓発の本も読み漁っては、何事も経験が大切だと信じ込んでいました。夢に近づいた経験、素晴らしい経験をした日などは、どうしても嬉しいもの。自分で描いたイメージは実現すると体験的に実感していますので、寝る前にもイメージしてしまう習慣が身についていました。

 

明晰夢をいつの間にか見ているかもしれない人

    • よく覚えてるね~と人に言われる人
    • 一単語を聞くだけで、頭の中の引き出しがぶわ~っと解放される人
    • 好奇心旺盛
    • アウトプットよりもインプットが多い人
    • パソコンやスマホと長時間向き合っている人
    • 運動不足を自覚していない人
    • 運動不足を自覚しているが運動しない人
    • 左右の視力が違う人
    • 酒・睡眠薬は飲まない人

    • 肩こりがひどい人
    • ピップマグネループを二本使いしている人(肩こりに効く)

  

脳を鍛えるには運動しかない! という書籍

人間の脳は走りながら進化した。脳と気持ちが劇的に変わる脳科学からの運動指南。
空前の脳ブームとランニング・ブームを結ぶ待望の書! 

脳関連の書籍では、とても有名な部類に入ると思います。要は、日常的な運動は脳に良い! という内容を科学的・論理的に書き尽くしています。分厚い本なので、頭で納得させたい方向けです。

脳関連の書籍って、ほぼほぼ生活習慣に言及します。切っても切り離せないので、それは当然のことなのですが、、、そこで思ったのです。

 

脳を鍛えるには運動しかないならば、脳の問題を解決するのも運動しかないのではないか、と。

 

精神の疲れを肉体の疲れへ変換する

つまり、日常的な運動です。有酸素でも無酸素でも構いません。しかし、「脳が疲れる」「明晰夢を見てしまう」人は、おそらく運動が嫌いなはず。少なくとも、睡眠に至る時点で

肉体の疲れ≪精神の疲れ

になっているはずです。 

頭を動かしているばかりで体が疲れないから、睡眠時に夢を見て疲れるという悪循環。肉体的な労働をしている知人は、生活が規則正しく、睡眠を通じてポジティブなサイクルが生まれている場合が多い気がします。

 

僕の場合だと、登山やトレッキング、フットサルは好きです。が、日常的に行うランニング、筋トレは大嫌い。日常的な運動が嫌いで嫌いで、部活引退後の10年間はサボってきました。しかし、ここらが潮時なようです……。他に選択肢がない現実に直面しました。毎日ロキソニンを飲む人生を送りたくない。

健康に勝る財産はないのです。

 

実践中

というプロセスがあり、今はなるべく運動するように心掛けています。あくまで実感としてですが、運動をした日の方が明晰夢を見る確率は減っています。

この記事で書いたことは、あくまで仮説です。ただ、本を読み漁った知識と体験を擦り合わせると、あながち間違っていないのではないかと感じています。その経過をそのうち記事に出来ればと考えています。

 

「この症状は自分だけなの?」と思ったら記事にして損はない!

ブログの素晴らしさを感じた体験でした。また、本当に色々な方にコメントをいただき、ありがとうございました!

 

www.momotoyuin.com