僕の人生、変な人ばっかり!

経験から物事を語るように心掛けています。街で見かけて気になった人、彼女に教育された話、作品評などを書いてます!プロフィールはidをクリックしてください。

追憶のフレッシュネスバーガー【宅配バイトの女の子との電話】

 f:id:momotoyuin:20170616172917p:plain

「ああ、ウチ、宅配辞めたんですよ~」
 何回も利用していたフレッシュネスバーガーに電話をしたら、いきなりそう言われたことがあった。

 正直、かなりショックだった。

 でも、このエリアの宅配を辞めて大丈夫か? 売り上げ的にかなり減るんじゃ……まさか閉店準備? なんてことを考えていた。

 翌日。買い物ついでに通りがかった時、なんと宅配を大々的に宣伝していた。……あれ? お店に入って直接聞こうと思ったが、なんとなく察した。まあ、バイトだから仕方ないか。

 

 後日。今度こそは宅配してもらうぞ、と意気込んで電話した。この前のヤツが電話に出たら速攻で論破してくれる! と。しかし、今度は「はい、フレッシュネスバーガーです」とも言わない女の子が出た。
「あ……はい」
 たどたどしい声がした後に、「フレッシュネスバーガー○○店です。でしょ」と電話越しに声が聞こえてきた。

 なんというか、ド級の箱入り娘が初めてバイトに入った感じ? そんな印象を受けた。

 事細かに会話を覚えているわけではないが、ところどころで無言になるので「注文いいですか?」とこちらから切り出した。その後も「ご注文を繰り返します」もなく。電話を切るときの「失礼します」もなく。番号は伝えたものの、「そこで切る!?」と感じたことを覚えている。

 それなりにバイトはやってきたが、店員言葉って誰でもなんとなくわかるもんだと思っていた。でも、それは何度も聞いたことがあるからであって、決して万人に当てはまることではない。そう考えを改めた。


 電話を切った後、不安になった。案の定と言っては失礼なのだが、いつもより15分ほど遅れていた。

「ったく、ちんたらしやがって!」と普段ならば思う。でも、この時はそわそわしていた。すると、知らないケータイ番号から電話がかかってきた。普段ならば出ない。でも、確信があった。僕はパソコンで地図を出して準備をしていた。
「はい」
「小学校の近くまで来たんですけど……」
 はあ、はあ、と息を切らしており、フレッシュネスの者ですけど、とも言わなかった。

 そして、小学校という場所が問題だった。
(方向が全然違う!!)
 口には出さなかったけれど、こちらが想定していた場所とは程遠かった。そもそも、フレッシュネスから家までの方角に小学校はない。むしろ遠回りになる。

 僕はあきらめて、「一度お店に帰ってください」と言った。小学校の周辺は住宅街でごちゃごちゃしてるし、当時は土地勘もなく説明しようがなかった。

 すぐにお店に電話して事情を説明した。「来てくれた子は初めてのバイトっぽい子で……」とか、「作りなおす必要はないけれど……」などと話した気がする。

 地図って、どうやって確認してたんだろう。スマホ片手に原チャリ運転してたら怖いな。そもそも歩いてきたのかな。何もわからないけれど、とにかく事故らないで無事にお店まで帰ってほしい。

 その後、おそらく店長的な人がすぐに来た。出来たての商品とお詫びのパウンドケーキを届けてくれたのだが、どこか心苦しさがあって食が進まなかった。


 初バイトでの大失態。きっと落ち込むだろう。「小学校の近くまで来たんですけど……」って声に一生懸命さが出てたから。僕も初めて海外に行った時、バス停がどこかわからなくて、誰に何を聞けばいいのかもわからなくて、ストレスフルで叫びたくなったことがある。どうしていいかわからない状態。浅くなる呼吸。本人にしかわからない難しさ。そんなことを思い出していた。

 しかし一方で、可能性も感じていた。

 だって、ここまで出来ないのに挑戦していたから。『まずはやってみる』という点において、一歩を踏み出す勇気は備わっている。主体性は人生における最大の武器だ(……と僕は信じている)。教える側にとっては、何もわからない方がむしろ良い場合もあるだろうし。

 その後もこの店舗で宅配を頼んだと思う。しかし、この日のこと以外、ほとんど覚えていない。
 今頃、なにしてるんだろう……。人のことを案じられるほど、今の自分に余裕があるわけじゃない。それでも、フレッシュネスを見る度にその女の子のことを思い出す。

 

特にオススメのメニュー

ふんわりとしたオムレツ、シャキッとしたレタス、ところどころにカリッとした食感があるベーコン。これらとハインツのケチャップとの相性が抜群です。全体的に柔らかくて美味しいという面で、あまり見かけないタイプのハンバーガーかも。水分を逃さないようなバンズがまた具材の良さを引き立てています。ウマイ!!

 

スパムを食べる時って、このスパムバーガー以外にないかもしれません。

少し甘いテリヤキソースと千切りのキャベツが、スパムの塩分を上手くバラしてくれます。途中で目玉焼きの黄身を崩して味を変えましょう。すべてをギュッとしてガブッと口に入れた時、「ああ、スパムバーガーがやっぱり好きだ」と自覚します。食べ応えもあり、コストパフォーマンもグッド!

 

 少し構成が似てます↓↓