僕の人生、変な人ばっかり!

id:自己紹介・タイトルの由来。問い合わせ:momonga33yuin@gmail.com

【店員に偉そうな人】大嫌いだったのに…自分がまたわからくなってしまった話

f:id:momotoyuin:20170704004738j:plain

行きつけのレストランで迷惑な客に遭遇した。

「出てくるのマジで遅いんだけどー」「何分待ってると思ってんの? あり得なくない?」

厨房に聞こえる程度の絶妙な声の大きさで、ず~っと嫌味を言っている女が居た(敬意を持てないので女性とは言えない)。

 

タメ口でわずかに聞こえる程度に文句を言い続ける女 

たしかに複数の客がいる場合、料理が出てくるのは遅くなる。しかし、このお店は家族経営でシェフは旦那さん一人、ホールは奥さん一人しかいないのだ。

でも、初めてきた人にはわからないかもしれない。少なくとも、その女に察する能力がないのは明らかだった。

「なんなのこの店~」「これでマズかったら有り得ないんだけど~」

……こんな女のために、なぜ僕が我慢しなければならないのか。お世話になっている大好きなお店なのに。幸いだったのは、僕らがデザート待ちだったことくらいだ。

 

その彼氏もまた問題あり……?

その女のツレ。あれだけ気の弱そうな人も珍しい。おそらく彼氏だと思うが、その女との間にパワーバランスの隔たりが見えた。

嫌われたくないから強く言えない。でも、迷惑をかけているのはわかっている。「抑えて、抑えて」的な仕草からそれが伝わってきた。

心境はわからなくもないが、やっぱりあなたが注意しないと……と思ったが、ダメか。この女はギャーギャー喚ける環境(男)に移って、今の彼氏に至ったのだろう。そんな気がしたし、今後も繰り返されるだろう。

 

店員に偉そうな人間に男も女もない

彼氏にしたら嫌な男の行動ランキング的なものに「店員に偉そうな男は嫌い」とある。

しかし、思うのだ。これは男とか女とか関係ない。

それこそ、この女が「店員に偉そうな男ってあり得ない~」なんて口走ったら、僕はその場で超サイヤ人3になっていた。

かと言って、この類の女と関わってもロクなことにはならないと断言できる。こちとら小中高を通して勉強済みだ。

何より、目の前にいた彼女の鋭い視線に

我慢しろ、余計なことをするな

という意図を痛いほど感じていた。少しでも関与してしまえば、後で長々と説教されることはわかりきっている。

 

極めつけの一言が……

僕らのデザートが先に運ばれてきた時も気に食わない様子が感じられたが、そんなことは関係なく食べていた。

しばらくして、奥さんがその女のテーブルへ料理を一品持っていくと

「や~っときた!」

と、去り際の奥さんに聞こえる程度にしっかりと言っていた。

きぃー!

あー、もうね、本当にお亡くなりになっていただきたい、心から。思い出してもイライラする。

しかし、料理を食べた女が一言、

「美味しい~! めっちゃ美味しいコレ!!」

と大きな声で言った。

「そやろ! ここの料理は最高やろが! だからガタガタ言わずに黙って待っとけやボケ! お前らが頼んだ料理も極上のもんばっかや!」

と反射的に思ったのだが、すぐに「しまった!」と思い直した。

(こ、こんなヤツに一瞬とはいえ心を許し、共感してしまったなんて……。あああ! なんてことを……)

 

その後、次々と運ばれてくる料理のすべてに対し、その女の言葉は称賛のみになった。その度に「そうやろ……うんうん」と共感してしまう自分が悲しくなった。

 

帰り道

入店してきてすぐに、「僕が嫌いそうな女が来た」と彼女は気付いたらしい。そして、少しだけ印象が好転しかけた僕に比べ、彼女は「まあ、こういう人、別に珍しくないし」と平然としていた。

さすがだ。

女性の世界にはこんなやつがGOROGOROいるわけでしょ。そりゃあ大変だ。めんどくさいわ、性格きつくなるわ。表面上のコミュニケーションを身につけるのもなんら不思議じゃない。

 

人間ってわからない

「どんな人間にも良いところがある」

この言葉があまり好きじゃない理由は、自分都合に解釈すればそりゃあ良いところはあるでしょ! と思うから。この言葉を使う人って、割り切るのが上手なんだと思う。ある意味、悪いところを見過ごしてるとも思うから。

それに、その人にとって良いところがあるからって、僕にとって良い奴になり得るわけではないのだ。

……でも、今回のケースで、また自分の価値基準がわからなくなってしまった。

大好きなものを同じレベルで共感されれば、どんな人間にもいいところはある、と思わないでもないかもしれない。タイミングが違えば縁になっていた可能性も否めないわけで。

人生は、コミュニケーションは、まだまだ続く……。

 

 

人ってわからない↓↓