僕の人生、変な人ばっかり!

経験から物事を語るように心掛けています。街で見かけて気になった人、彼女に教育された話、作品評などを書いてます!プロフィールはidをクリックしてください。

座りション派になった過程と推奨理由について語る【排尿と屁の矛盾】

f:id:momotoyuin:20170703230531j:plain

ガラガラのサービスエリアのトイレ。仮に、あなたが用を足しているとします。その時に、あなたの真横に人が来ておしっこを出し始めたとします。すると、あなたはどう思うでしょうか?
「こんなに沢山あるのに」 
「なんで?」
「怖い」

一般的な常識では、便器の間隔は開けるものだと思います。でも30歳を過ぎて、見えるところが変わってきました。

 

便器を選ぶ基準の変化

・まずは床。汚かったらそこへは行きません。
・次に便器の清潔感。臭くて汚いところへは行きません。
・その次にようやく、人の間隔が出てきます。
・何よりも、漏れそうだった場合は場所を選んでいられません。

 

おしっこ中にブッと屁をこくおっさんを責められない

30歳になる前……特に中高生の頃です。
この人の隣には行きたくないな……。この人の隣でするんじゃなかった。そう思う第一候補が、おしっこ中にブッと屁をこくおっさん。
「汚すぎる」
「下品にも程がある」
「こんな大人にはなりたくないわ~」
そう思っていました。しかし……。おしっこをしながら屁をこかないこと。この技術の難しさが年々加速度的に上がっているのです。

f:id:momotoyuin:20170703230652j:plain


使う筋肉がほぼ同じ(たぶん)なので、まずは脳を制御するところから始めなければなりません。排尿に徹するだけではダメなのです。
そして神経の伝達を意識して、司令を分岐させます。
●排尿
●防屁(造語です)
つまり、ピンポイントで膀胱に力を入れつつも入れすぎないように、お尻の穴にも栓をしなければならないのです。そのためには、筋肉の弛緩と収縮をこまめに繰り返さなければなりません。
慎重に。でも大胆に。でも慎重に。でも大胆に……

結果、おしっこが途切れ途切れになってしまいます。心身ともに良い気はしません。

だからと言って、おしっこ中に屁をこく行為を常習化するわけにもいきません。僕の友人はそのせいで、おしっこをした後にうんこの後始末をするという、悲惨な結果になったのです。

 

排尿の矛盾から座りション派へ 

f:id:momotoyuin:20170703230737j:plain

まだ若かりし頃の僕には、排尿という行為に安心感を抱いていました。なのに、防屁という行動は真逆の緊張感を強いられます。この点に矛盾があると気が付いたのです。
これが家の中なら良いでしょう。しかし、公共の場所や会社の中ならどうでしょうか。少なくとも不快感を与えてしまうことは間違いないと思われます。それだけではありません。潔癖症の人には毛嫌いされるかもしれませんし、人の上に立つ器でないと判断されるかもしれません。そういった意味でも、人事評価に影響する可能性も否定できません。

だったら座ってやれよ! と言われるかもしれませんが、その通りです。数々の過程を経て、僕は座りション派になりました。

f:id:momotoyuin:20170422160527j:plain


また、同棲や結婚を経験している方なら言われていると思います。
「座ってしてよ!」
「汚い!」
「飛び散るんよ!」

そういった言葉を浴びないためにも、個人的には座りションを推奨したいものです。

そして、尿もれしないためにも、トイレットペーパーで先端の潤いを拭く必要があります。尿もれしたらテンションが下がります。尿のキレの悪さは、そのまま老化の実感へとつながります。そういった意味でも、座りションは僕に適していると感じます。

 

世の中は厳しいもの。明日は我が身

しかし、家の中では良くても外では厳しいものです。おしっこをするために大便器を使って良いものか、いつも周囲を見て判断します。
それだけではありません。僕がトイレに行くと、嫌がらせかのようになぜか必ず埋まっています(特に本屋)。人生とはなかなか上手くいかないものですね。

f:id:momotoyuin:20170703230839j:plain

最近は、国道沿いで立ちションしてるおじいちゃんを見ました。若かりし頃の僕なら、
「あ~あ」
「何やっててんだか」
「ちゃんと考えて事前に行動しないと」
そう思っていたでしょう。でも、今は違います。

「僕も気をつけよう」

もう誰にもバカにすることはできません。明日は我が身なのです。

 

僕はこの記事を書いて、AMAZONのお気に入りリストに、携帯トイレを追加しました。明日は我が身。最近、好きな言葉です。