僕の人生、変な人ばっかり!

経験から物事を語るように心掛けています。街で見かけて気になった人、彼女に教育された話、作品評などを書いてます!プロフィールはidをクリックしてください。

【変な人だらけ】JR八幡駅から河内藤園にバスで行ったら、キメ顔ループに陥った話

f:id:momotoyuin:20170411215446j:plain

アメリカCNNが選出した「日本の最も美しい場所31選」の中に河内藤園という場所がある。

そもそもCNNってなんだろう。調べてみると、ケーブルニュースネットワークの略で近年影響力をつけてきてるケーブルテレビだという。

早速行ってみることに。以下、去年の話になります。

2016年5月4日13時30分頃、JR八幡駅南口。

f:id:momotoyuin:20170430233027j:plain

入場時刻が14時だったので、時間帯は13時半くらいだったと思う。河内藤園行きの臨時バス停はどこにあるのかという懸念は、凄まじい行列を見て吹き飛んだ。

数日前に貼られたであろう時刻表には、1時間に2~3本と書いてあるだけで正確な時間は表記されていない。いったい、どれだけ並ぶのだろう……。なかなか来ないバスにしびれを切らしてタクシーを使う人もいた。

1時間に3本=20分置きと勝手に思っていたが、それは違った。なんと2台が連続でバスが来たのだ。

1台のバスに乗れるのは約30人で、僕らは2本目のバスにギリギリ乗れた。

助手席にあと一人だけ座れる状態になったのだが、なかなかお一人様が見つからなかったようで、結局は行列の後方にいたアラサーOL(?)が座った。

 

アラサーOLナイス!

バスの中はワールドワイドな人間模様で、多種多様な人種がいた。また、日本のマナーを事前に学んできたのか、バス内は静まり返っていた。

僕らの席は運転席の真後ろ。運転手のオッチャンの声が丸聞こえ。と言うのも、隣に女性が座ったことでオッチャンの饒舌はエンジン全開!!

かわいそうに……と思っていたが、この女性はもっと凄かった。

「助手席に座る=運転手の話し相手をする」という姿勢を最初から見せており、オッチャンのつまらない話の広げ方が一級品。

その「聴く力」からは、人生経験を感じられずにはいられなかった。現地に着くまでの20分ほどだが、そのおかげで有益な情報が聞けた。

 

バスの運転手さんも大変なんです 

バスが駅に着く時間帯は、運転手の休憩時間との兼ね合いになるらしい。昼休憩が11時~13時なので、その時間帯は1時間に1~2本になる可能性が高い。

また、15時すぎのバスに乗ると、藤園を周る時間を考えると帰りのバスがないことも頭に入れる必要あり。

結果的に、平均的な待ち時間は1時間から1時間半ほどだという。

なるほど。つまり、平常運行中のバスと昼休憩を終えたバスがちょうど重なった時間に僕らは並んでいたわけだ。なので、かなりラッキーだったと言える(それでも2、30分くらい並んだけど)。

ちなみに、その女性は東京から来ており、藤の写真を見て居ても立っても居られなくなったと(うんうん、わかるわかる)。そして、前日には山口県にいる友人の結婚式に出ていたと話していた。

満開の時期はGW中の数日のみ。なんというタイミングの良さだろう……と密かに思ったのだった。

 

チケットは買いましょう

思った以上に山奥に藤園はあって、そして人がわんさかいた。

一つ気になったのが、チケットがなくても入場料を払えば入れたことだ。しかし、これはチケット制にして初年度だったということで、あくまで保険的な対応だったとのこと。

今年はどうなるかは不明なので要注意(問い合わせ済み)!!!

f:id:momotoyuin:20170411215941j:plain

 

藤の美しさ以上に、人に驚いた

園内の入り口すぐにある藤のトンネルに入ると、写真で見た景色が目の前に広がっていた。間近で圧倒的な藤が見れる。

とても美しく、甘ったるい藤特有の匂いも良い。

「入り口から圧倒されるなあ」

と思っていたが、それ以上に驚くことがあった。スマホで自撮りする人の多さだ。

その行為が悪いとは全く思わない。写真撮ってるんだな~と思うだけ……だった、最初は。

自撮りする人って大半がキメ顔を作る。僕が言うキメ顔とは、普段以上に目をカッと見開いて、口角をググっと上げて、その状態を数秒間キープする不自然な状態のこと。そして「さっきまでそんな顔してなかったやろ!」と思わせる人を指す。

なので、自撮りというか、正確にはキメ顔をする人の多さに驚いた。と言うのも、トンネルの中は広くないので、どうしてもキメ顔を間近で見せられることになるのだ。

 

キメ顔ループから抜け出せない

f:id:momotoyuin:20170430233413j:plain

藤を眺めているだけなのに、キメ顔①のカメラに入ったらいけないから避けないと! という場面に遭遇。でも、先述の通りトンネル内は広くない。

キメ顔①を避けたことによりキメ顔②のカメラに入ってしまう……でも、キメ顔②を避けることで今度はキメ顔③に……という無限ループに陥った。

さらに厄介なのは、キメ顔①を抜かしても、藤を眺めている間に再びキメ顔④として出現すること。

もう何人のキメ顔を見たかわからない。中には、藤を顔や髪に絡ませていたキメ顔カップルもいた。

 

キメ顔だけじゃなかった

狭いトンネルを抜けてやっと藤に集中できると思ったら、志村けんのアイーンってギャグがあるじゃないですか? アイーンする寸前で手を留めて、もう片方の手は髪をくしゃっとさせて、首を真横に傾げて、舌をだらしなくベローンと出して、片足あげて、まん丸いグラサンつけて、木に寄っかかって写真を撮らせていた女性がいた。

……ごめんなさい、笑っちゃいました。あれだけのモデル気取りを見たのは初めてかもしれない。

白状すると、トンネルに入った時点から笑いっぱなしでした。キメ顔を何回も何回も何回も見せられると……ね。

キメ顔カップルなんて、藤を口に咥えて舌を絡ませ出すんじゃないか、藤がこいつらの唾液で臭くなるんじゃないかと、とにかく心配だった。

まあ、藤を見て心に留めることよりも、どこでキメ顔をするかの方が大切なのだろう。藤の美しさに加えて、写真に残ることを考えれば、気持ちはわからないでもないのだが。

https://www.instagram.com/p/BSvwa61ja7h/

 

藤の美しさとキメ顔の面白さは唯一無二

脱線したが、トンネルを抜けると景色が拓けて、圧倒的な藤が広がっていた。

一般的な紫色はもちろん、ピンクの藤が本当に美しかった。

これほど美しい藤を見れる場所がないから、CNNに選出され、人が集まるのだろう。北九州市だけでなく、福岡県や九州を代表する観光名所になることは間違いない(もうなってるかも)。

f:id:momotoyuin:20170411220401j:plain

f:id:momotoyuin:20170411220417j:plain

帰りもバスに並んだ。ちなみに、行きのバスで一緒になった助手席の女性も見かけたが、タクシーで帰っていた。その理由は誰にもわからない……。

 

情報まとめ

  • 藤は本当に美しい。見る価値あり。
  • JR八幡駅から無料バスに乗るなら並ぶ覚悟がいる。11時~13時は避けた方が良い。
  • 一人で行く人は、運が良ければ並ばずにバスに座れるかも。
  • チケットは必要。
  • 行くだけでも結構疲れる。水分補給など忘れずに。

 自家用車で行った赤子連れの友人の話では、

  • 16~18時は空いていた(もちろん、藤満開時)。
  • ベビーカーは置いていくべし! 園内はとんでもないオフロードだから!

 と言っておりました。みなさんもぜひ!