僕の人生、変な人ばっかり!

経験から物事を語るように心掛けています。街で見かけて気になった人、彼女に教育された話、作品評などを書いてます!プロフィールはidをクリックしてください。

書籍・書評

読書は、僕の日常です。

【書評】時代に即したリーダーシップ論「セッター思考」(竹下佳江)

この本は「人の信頼をどうやったら掴めるか」というテーマに沿って書かれている。 セッター思考 (PHP新書) 作者: 竹下佳江 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2015/06/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 育った環境も違えば価値観も違…

【彼氏を教育】彼女に「モテ本を見ろ」と言われ、本屋に連れて行かれた話

「あんたはもうちょっと女心を勉強した方が良い」 真面目な顔をした彼女にいきなりそう言われ、街の大きな書店へ行くことになった。もう4,5年も前のことである。

人生に前向きなパワーがほしい方へ。『僕は、慢性末期がん』尾関良二氏

僕が定期的に見直す本の一つ。それが『僕は、慢性末期がんー「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本』だ。 僕は、慢性末期がん―「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本 (文春新書) posted with カエレバ 尾関 良二 文藝春秋 2009-…