読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の人生、変な人ばっかり!

「色々と細かくてめんどくさい!」と頻繁に言われるので、(もしかして武器になるんじゃ…?)と思い、ブログを始めました。街で見かけて気になった人、付き合って10年になる彼女とのやり取り、有名人、体験談、作品評などを書いてます!

【人生劇場】ぷらっとこだまに乗ったら、変なおばちゃんと変な乗務員さんに絡まれた

場所は新幹線のぷらっとこだま。 乗務員による切符チェックが行われており、何やら隣の席で揉めていた。どうやら、席を間違えた人がいるらしい。 「あ~、たまにいるよなあ。迷惑やわ~」

【何かの縁】おしっこを我慢したら、神威岬で縁に恵まれた話

北海道の西部に位置する積丹半島。その最西部に神威岬という景勝地がある。 大学の春休みに、東京から公共交通手段のみを使って一人で行った。その先端で出会った人の話がしたい。

【騒音トラブル】アパートで下の階の住民と和解した体験談(と、学んだこと)

陽当たりがよく。春は桜が美しかった。 JR三鷹駅から徒歩十数分、二階建てアパートの二階の角部屋。道路沿いで東と北に窓がある。大学三年から四年間住んだ。

【感謝】ステーキハウスリベラで店員のオッチャンに救われた話

そのオッチャンは、となりのトトロのかんたのように「んっ」と僕にTシャツを手渡した。どれだけ考えても、これ以上の表現が見当たらない。 まさか、僕の人生でこんなことが起こるとは。 サツキのように、好印象を抱いてしまったのは言うまでもない。

人生に前向きなパワーがほしい方へ薦めたい。『僕は、慢性末期がん』尾関良二氏

「本から漲る前向きパワーにあやかるべし」 僕が定期的に見直す本の一つ。それが『僕は、慢性末期がんー「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本』だ。 僕は、慢性末期がん―「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本 (文春新書) 作者…

【エッセイ】電車内で、外国人女性と

名古屋市営地下鉄東山線の伏見駅。夕刻以降の藤が丘方面の列車には、ほとんど座れない。伏見駅は名古屋と栄の二大都市に挟まれたビジネス街の中心にある。手前の名古屋駅、次の栄駅、そして伏見駅も、どの駅からも大量に人が乗り込んでくる。つまり藤が丘方…